スポーツ

羽生結弦の今後は?“浅田真央のように”リンクやショー運営でフィギュア界に貢献も

羽生結弦選手が競技の第一線を退く(写真=dpa/時事)

羽生結弦選手が競技の第一線を退く(写真=dpa/時事)

「ぼくがこれまで(競技を)やってきたなかで、結果としては“取るべきものは取れた”と思っていますし、そこに対する評価を求めなくなったというのが、ここまで至った経緯です」

 これまでになく柔らかい表情を見せていた。7月19日、羽生結弦(27才)が都内で会見を開き「プロのアスリートとしてスケートを続けていくことを決意いたしました」と競技の第一線を退く意向を表明した。

 冒頭、「こんなしがない自分なんで、言葉遣いが悪かったり、噛んだりしても許してください」と前置きしたものの、メディアからの質問に対し、自分の気持ちを淀みなく話す様子には、決意の強さが表れていた。そして、彼自身が会見中に「引退っていう言葉は好きじゃない……」と漏らしたように、決してフィギュアスケートから退くわけではないという強い意思も伝わってきた。

 これまで自身の進退について明言を避けていたが、第一線から退くことを決意した時期についてはこう明かした。

「平昌五輪後からずっと引退を……。試合が終わるごとにいろいろ考えて」
「最終決断は北京五輪後」

 この4年間は常に引退と続行の葛藤を抱える日々を送っていたことがうかがえた。

 北京五輪が終わってから5か月、7月1日には2022~2023年の新シーズンが始まったばかりだ。

「羽生選手は北京後もこれまで“むしろ現役続行”と受け取れる発言をしていたので、関係者やファンはこのまま彼がこれからの4年間も走り続ける覚悟なのだと喜んでいた矢先のことでした」(フィギュアスケート関係者)

 6月18日に放送されたスポーツニュース番組『S-PARK』(フジテレビ系)では、インタビューにこう答えた。

「4A(4回転半ジャンプ)に向けては日々挑戦していきたいなっていう気持ちは強くあります。絶対降りたいなって思ってますね。もちろん皆さんが見ている前で」

 しかし、いま振り返れば、羽生は「競技会で」とは一言も言っていない。アイスショーの舞台でも、4Aへの挑戦は続けられるのだ。なぜ羽生の意志表示はこのタイミングになったのか。別のフィギュアスケート関係者は「羽生選手は本当はもっと早い時期に引退表明するはずだった」と語る。

「本来なら、次のGPシリーズのアサイン(出場選手の割り振り)が6月末から遅くとも7月上旬には正式発表されるはずだった。その発表があれば、彼がどの大会にも出ないことが世界中に伝わるので、それを受けて引退会見を行う予定だったのです。しかし、ISU(国際スケート連盟)の都合でアサイン発表が遅れたため、競技引退の発表がズレてしまった」(別のフィギュアスケート関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン