スポーツ

なんで今やねん! 阪神追撃ムードも、「地元の応援シンボルキャラクター」が姿を消す

8月2日の巨人戦にも勝利して快調だが……(時事通信フォト)

8月2日の巨人戦にも勝利して快調だが……(時事通信フォト)

 後半戦の初戦となる7月29日の首位ヤクルト戦で、阪神は6対0と快勝。最大17あったゲーム差を10に縮め、ヤクルトの優勝マジック41も消滅させた。翌日も佐藤輝明のホームランなどで7対3と連勝。阪神はオールスターゲームを挟んで5連勝となり、追撃ムードは最高潮となるはずだったが、地元では「タイガース応援のシンボル」が、いったん姿を消すというのだ。

 今季の阪神は、開幕からドロ沼の9連敗で、すでにシーズン後の退任を表明していた 矢野燿大監督の途中解任まで浮上するほどだったが、6月の交流戦から調子は上向き、借金をどんどん返済していった。もともと青柳晃洋や西勇輝、伊藤将司ら先発陣は盤石の安定感があったところに、佐藤を軸に据えた打線にもつながりが出てきている。後半戦の開幕カードでいきなり白星を重ねたことによる5連勝は今シーズン4度目。春先とはまるで違うチームのようだ。

 そんなタイガースのマスコットと言えば、言わずと知れた「トラッキー」である。7月29日のヤクルト戦で移籍第1号を放ってお立ち台に上ったロドリゲスは、トラッキー人形を受け取り、甲子園のファンの大歓声を浴びた。

 ところが、そんな上り調子のなかで、地元の阪神ファンなら多くの人が知っているタイガース応援のシンボルキャラクターが、“修理”に出されてしまうのだという。兵庫県の尼崎中央三丁目商店街の屋根から吊るされた「めでタイガー」だ。その名前を知らない人でも、一緒に掲げられる「日本一早いタイガース優勝マジック」のことは知っているのではないか。

 同商店街の“マジック”は、開幕直後から点灯する。もちろん、正規ルールのマジックではない。基本的には残り試合数が掲示されるだけなので、開幕戦で勝てば「マジック142」といった具合になる。掲示された看板をよく見ると小さく「優勝記念セールまで」と書かれている。

 しかし、2位タイとなった前半戦終了時に同商店街を訪れると、“マジック”は消えていた。商店街振興組合の寺井利一理事長によれば、「(7月2日)ヤクルトに(本物の)マジックが出た時点で外している」とのことだ。その後、新型コロナによる主力欠場もあって黒星を重ねたヤクルトのマジックは一時、消えたが(7月14日消滅、同24日に再点灯)、その間も商店街の“マジック”は再点灯させなかったという。寺井理事長は「再点灯させようかとも思ったんですが、またすぐヤクルトの(本物の)マジックが点灯するやろと……」と諦めムードだった。

 ただ、今回は後半戦開始早々の直接対決を制してヤクルトのマジックが消滅。商店街ももう少し景気のいい対応するのでは? と思って再度確認すると、やはりもとのまま。

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン