芸能

『鎌倉殿の13人』寛一郎がキーパーソンで登場、父・佐藤浩市と“時間差父子共演”

父は佐藤浩市の寛一郎(左写真は佐藤浩市/共同通信社、右写真/時事通信フォト)

父は佐藤浩市の寛一郎(左写真は佐藤浩市/共同通信社、右写真/時事通信フォト)

 物語は後半戦に入り、2代将軍・源頼家(金子大地)を支える13人の御家人の権力闘争が過熱しているNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。

 第29話(7月31日放送)では梶原景時(中村獅童)が討ち取られ、長老格の2人の御家人も病死。13人のうち早くも3人が退場する一方で、新たなキーパーソンも登場した。

 主人公・北条義時(小栗旬)の息子で後の執権・北条泰時(坂口健太郎)の妻となる初だ。演じる福地桃子(24)は今、最注目の若手女優だと芸能評論家の三杉武氏は言う。

「2019年放送の朝ドラ『なつぞら』でヒロインの親友役を演じ注目され、放送中のドラマ『消しゴムをくれた女子を好きになった。』(日本テレビ系)ではヒロインを務めている。

『鎌倉殿』では、緊張気味の泰時に対し『真面目。あなたのそういうところが息が詰まる』と一刀両断。泰時の母である八重(新垣結衣)に似た、芯の強さが光る好演でした」

 福地には意外なバックボーンがある。

「福地の父親は『Vシネマの帝王』哀川翔なんです。といっても、福地はデビュー時に『2世タレントという肩書きを越せるように』と哀川と異なる事務所を選択しました。2世というイメージで彼女を見る人はほとんどいないでしょう」(同前)

 第29話では頼家の息子・善哉が誕生する場面も描かれた。後に公暁と名を改め、3代将軍・源実朝暗殺に関わる重要人物で、演じるのは寛一郎(25)という若手俳優だ。

「寛一郎はこれまで日本映画批評家大賞の新人男優賞など数々の賞を受賞してきた若手実力派ですが、父親は佐藤浩市、祖父は三國連太郎という華麗なる血脈に連なる3世俳優。佐藤は『鎌倉殿』で最初に粛清される大物御家人・上総広常役を演じ、斬殺シーンは佐藤の壮絶な演技で前半屈指の名場面となった。

 父子で時間差共演することになる寛一郎の見せ場は、“父の仇”として実朝の暗殺に至る場面。源氏滅亡の原因となった事件で、インパクトを残せるか。脚本家の三谷幸喜は、親族が争う権力闘争のドラマにあえて2世俳優を投入し、化学反応に期待しているのかもしれません」(同前)

※週刊ポスト2022年8月19・26日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン