スポーツ

渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃

大きく変わった渋野のスイング。トップの位置が低いことが一見して分かる。その成否は?(PA Images/時事通信フォト)

大きく変わった渋野のスイング。トップの位置が低いことが一見して分かる。その成否は?(PA Images/時事通信フォト)

 女子ゴルフの今季メジャー最終戦の全英女子オープン(英・ミュアフィールド・リンクス)で、最後まで優勝争いに絡んだものの1打及ばす3位でフィニッシュした渋野日向子(23)。日本人初となるメジャー2勝目を惜しくも逃した。プレーオフに進出したアシュリー・ブハイ(南アフリカ)の夫を見つけて笑顔でエールを送る姿が大会公式ツイッターから拡散されるなど、“スマイルシンデレラ”が戻ってきた印象だが、直前までは不調に苦しんでいた。渋野の「好不調の波」の原因が議論の的となっている。

 渋野が前回、優勝した2019年の全英女子オープンでも、最終日に同じ最終組で回ったのがアシュリー・ブハイだった。奇しくも2年前と同じ組み合わせでのラウンドとなったが、渋野の「スイング」は2年前とは大きく変わっている。

 トップを極端に浅く、低くし、スイングプレーンをフラットにしている。世界のトッププロが集まったメジャーで見渡しても、異色のスイングだった。ゴルフ誌記者はこう言う。

「2020年の全英女子オープンでは、前年優勝者として出場したが予選落ち。その後、転戦した米女子ツアーでも成績を残せなかった。同年末には、青木翔コーチとの契約を解除。世界を目指すスイングに変えていくという目的があったとされ、独学で改造をスタートさせた。石川遼などにもアドバイスを受け、“スイングの再現と精度”を求めて行き着いたのが低いトップのスイングでした」

 渋野のスイング改造については賛否がある。今年3月末から4月にかけては米女子メジャーのシェブロン選手権で4位、続くロッテ選手権で2位という結果を残したものの、4月末からは日米ツアーで8戦のうち予選を通過したのは1試合(予選落ち6試合、棄権1試合)だけ。全英女子オープン前は不調に苦しんでいたのだ。

 全英でも初日は6アンダーで首位スタートしながら、2日目で7位タイに後退し、3日目に再び2位タイに浮上。安定しないために「ジェットコースターゴルフ」とも呼ばれる。

 全英女子オープンの最終日のテレビ中継でゴルフキャスターの戸張捷氏が「(トップの高さについて)第三者から賛否あって、いろいろ言われたが、自分を信じて変えていった。外の影響をほとんど受けなかった」と解説すると、解説を務める樋口久子プロ(元JLPGA会長)がこのように話を引き継いだ。

「2019年にメジャー(全英女子オープン)で優勝しているわけですから、すぐにスイング改造するのはどうかと思う。やはり様子を見て、何年か経って壁に当たったりすればちょっと考えるのがいい。極端なものですからね。バックスイングのトップの位置が肩より下にあります。練習でここまで来ていると思う。彼女の努力で……」

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト