芸能

没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」

五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション

五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション

 日本の娯楽映画史にその名を刻む五社英雄監督が、没後30年を迎える。迫力ある殺陣や濃厚な濡れ場演出への並々ならぬ情念は広くファンを魅きつけた。実娘・五社巴さんが振り返る──。

 映画監督・五社英雄は、圧倒的な映像美で映画界の度肝を抜いた。その生涯で残した映画は全部で24作。亡くなって30年が経過した今もなお、作品の持つ輝きは色褪せていない。

「今観ても、まったく古臭さを感じさせません。若い方にも楽しんでもらえるし、驚かれると思います」

 巴さんはこう語る。3年ほど前に、まだDVD化されていない作品があることに気づき、全パッケージ化をはじめとした没後30年のプロジェクトを主導した。

「会社を退職する人が、『これから黒澤映画でもじっくり観るか』なんて言っているのを聞く度に悔しくて。いい作品あるから、五社英雄も観てよ!って(笑)」

 何より映画を優先させた父の生き方を100%肯定はしない。そう前置きしながら、父への思いを語った。

「30年経って作品を見返してみると、常識では考えられないほどの仕事量です。父の年齢に近づくにつれ、その思いを理解できるようになりました。今回のプロジェクトで次の世代にも父の作品を伝えられたら嬉しいです。若いころはあまり父になつく娘ではなかったので、ようやく恩返しできたように思います」

※週刊ポスト2022年8月19・26日号

『吉原炎上』の撮影現場での五社監督とかたせさん。「自分で考えなさい」と言われることが多かったという(C)五社プロダクション

『吉原炎上』の撮影現場での五社監督とかたせさん。「自分で考えなさい」と言われることが多かったという(C)五社プロダクション

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン