• TOP
  • 五社英雄

五社英雄一覧

【五社英雄】に関するニュースを集めたページです。

高島礼子、真木よう子、門脇麦… 邦画濃厚ラブシーンの衝撃

高島礼子、真木よう子、門脇麦… 邦画濃厚ラブシーンの衝撃

 日本映画の魅力を語る際、避けて通れない話題が女優たちのラブシーン。これまで数多くの女優が伝説的なラブシーンに挑戦してきた。邦画に…

2020.03.29 15:59  週刊ポスト

人気女優が映画で発した「艶めかしいセリフ」一挙大公開

人気女優が映画で発した「艶めかしいセリフ」一挙大公開

 映画の濡れ場といえば、女優の美しい裸体や“絡み”ばかりが注目されがちだが、忘れてはならないのが「言葉」だ。彼女があんなことを言うな…

2020.03.21 15:59  週刊ポスト

ヤクザ映画TOP20調査 その変遷と証人たちが語る逸話

ヤクザ映画TOP20調査 その変遷と証人たちが語る逸話

『孤狼の血』を始め、日本のヤクザ映画が近年盛り返しを見せている。そこで本誌・週刊ポストは「好きなヤクザ映画」のアンケートを実施。読…

2019.12.07 07:00  週刊ポスト

仁支川峰子 恋の噂が流れた五社英雄監督との本当の関係は?

仁支川峰子 恋の噂が流れた五社英雄監督との本当の関係…

 2017年は日本映画界の鬼才・五社英雄監督の没後25年にあたる年。10月12日から京都で開催される「京都国際映画祭」では、五社監督の作品が…

2017.10.14 16:00  週刊ポスト

五社英雄イズム流れる友近「五社監督に言われれば脱ぎます」

五社英雄イズム流れる友近「五社監督に言われれば脱ぎま…

 日本映画界の鬼才・五社英雄監督が亡くなって今年で25年。10月12日から京都で開催される「京都国際映画祭」では、彼の作品が特集上映され…

2017.10.14 16:00  週刊ポスト

名女優が「この人だから脱いだ」と語る鬼才・五社英雄の世界

名女優が「この人だから脱いだ」と語る鬼才・五社英雄の…

 10月12日から京都で開催される「京都国際映画祭」。今年は没後25年となる日本映画界の鬼才・五社英雄監督の作品が特集上映される。彼はい…

2017.10.10 16:00  週刊ポスト

五社英雄は役者を追い詰めステップアップさせた名監督

五社英雄は役者を追い詰めステップアップさせた名監督

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』では、ふだん、ひとりの役者へのインタビューを通…

2016.08.14 16:00  週刊ポスト

夏目雅子、名取裕子ほか脱いでイメチェンに成功した女優たち

夏目雅子、名取裕子ほか脱いでイメチェンに成功した女優…

 映画を語る上で避けて通ることができないのが“濡れ場”だ。人気商売の女優たちが自ら身体を晒すことはなかなかリスキーだが、脱ぐことでイ…

2016.08.14 07:00  週刊ポスト

昭和の大物監督 脱ぐこと拒否した女優を一喝「田舎に帰れ」

昭和の大物監督 脱ぐこと拒否した女優を一喝「田舎に帰…

 かつてスクリーンの中で鮮やかに輝いていたのは、人気の絶頂にある美人女優たちの濃厚なラブシーンだった。“お行儀のいい作品”が増えた今…

2016.03.15 15:59  週刊ポスト

石坂浩二 「自分と役柄の違い」を認識して演じる重要性語る

石坂浩二 「自分と役柄の違い」を認識して演じる重要性…

 1969年の大河ドラマ『天と地と』で主演した石坂浩二は、殺到する時代劇の出演依頼を断り、TBSドラマ『ありがとう』でヒロインの恋人役を演…

2015.02.14 16:00  週刊ポスト

石坂浩二 場に慣れることで風格が出ると緒形拳から教わった

石坂浩二 場に慣れることで風格が出ると緒形拳から教わ…

 俳優としてだけでなく、バラエティ番組の司会者やナレーターとしても知られる石坂浩二は、役者ではなく劇作家志望だった。駄目なら作家に…

2015.02.08 07:00  週刊ポスト

宝田明 ケレン味溢れる芝居で無理なく舞台の世界入り込めた

宝田明 ケレン味溢れる芝居で無理なく舞台の世界入り込…

 映画『アナと雪の女王』の大ヒットで日本でも注目を浴びることが多くなったミュージカル俳優。日本のミュージカル俳優の草分け的存在であ…

2015.02.01 07:00  週刊ポスト

宝田明 長谷川一夫から「演技とは重心の移動だ」と言われた

宝田明 長谷川一夫から「演技とは重心の移動だ」と言わ…

 東宝ニューフェース第6期生として役者人生をスタートした宝田明は、映画スターとしてだけでなく舞台でも活躍し、日本のミュージカル俳優の…

2015.01.21 07:00  週刊ポスト

宝田明 高峰秀子の「教えてあげないよ」発言が役者の魂に

宝田明 高峰秀子の「教えてあげないよ」発言が役者の魂に

 日本映画の黄金期を支えた二枚目スター、俳優の宝田明はタイプの異なる様々な作品に出演し続けた。初主演映画『ゴジラ』での特撮ならでは…

2015.01.14 11:00  週刊ポスト

宮尾登美子さん逝く あの名セリフ「なめたらいかんぜよ!」に隠された真実 

宮尾登美子さん逝く あの名セリフ「なめたらいかんぜよ…

 昨年末、12月30日に、88歳の生涯を終えていた直木賞作家の宮尾登美子さん。高知で「芸妓娼妓紹介業」を営んでいた生家を描いた『櫂』に始…

2015.01.08 07:30  BOOK STAND

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

トピックス