スポーツ

「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法

1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)

1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)

 世界で戦えるマラソン選手の育成──そのことに心血を注いだのが、早稲田大学競走部の監督などを歴任した中村清(1985年没、享年71)だ。エスビー食品陸上部監督時代には、有望選手が次々と“中村学校”の門を叩いた。その指導法には、「常軌を逸している」と言われるほどの凄みがあった。(文中敬称略)【全3回の第2回】

 * * *
 中村に師事した瀬古利彦(現・日本陸連副会長)は「絶対にNOと言わない」と自らに課したが、生半可なことではなかった。「外食禁止」「男女交際禁止」など、指導は生活の細かな部分に及んだ。

「中村監督がトイレの中まで入ってくることもありました。便の色を見て“これなら大丈夫”と呟いたりして……。下宿は監督の自宅敷地内にあるアパートの2階。突然、部屋に来て冷蔵庫を開け、中身を確認されることもあった。やはり、憲兵隊長だなと(苦笑)」

 朝、昼、晩と、食事後には最低1時間、「訓話」があった。瀬古の印象に残るのが「日本刀の刀鍛冶」の話だ。中村はこんな言い方をしていた。

〈なぜ、なんでも切れる刀ができるか知っているか。刀鍛冶が毎日、魂を入れて打つからだ。あれは刀鍛冶の魂の塊なんだ。お前たちも一歩一歩、魂を入れて走りなさい。そうしないと魂を込めて走る外国人には勝てない〉

 精神論ではないか、と尋ねると瀬古は笑いながらこう応じた。

「そう、9割以上が精神論です。技術の話はほとんどなかった。“足が速いだけなら犬や馬に負ける。人間的にも一番になりなさい”といった具合にね」

 そうした指導で、多くの才能が花開いた。

 中村は終戦直後に一度、早大競走部でコーチとなった。映画監督の篠田正浩は1949年に入学し、中村の指導を受けた一人だ。

 1950年の箱根駅伝で篠田は、1年生ながら「花の2区」を任される。区間5位で走り、早大は準優勝を果たした。篠田がレース後に起用理由を尋ねると、中村は「ベテランは自分のペースを守ろうとするが、新人は周囲につられて早く走ることもある。新人には未知の魅力があるんだ」と答えた。その考え方は、映画監督としての仕事にも影響を与えたと篠田は述懐する。

「新人起用にはリスクもあるが、中村先生は“失敗したら俺が責任を取る。成功すれば君たちの名誉だ”と言い切った。自分は裏方で、手柄は走った選手のものという姿勢に感銘を受けました。映画を撮るようになった私が積極的に新人を起用したのは、その影響です」

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン