箱根駅伝一覧

【箱根駅伝】に関するニュースを集めたページです。

【新刊】選手と中継スタッフの入れ子細工ドラマ、池井戸潤氏『俺たちの箱根駅伝』など4冊
【新刊】選手と中継スタッフの入れ子細工ドラマ、池井戸潤氏『俺たちの箱根駅伝』など4冊
選手と中継スタッフの入れ子細工ドラマ。こんなに面白くっていいの!? …
2024.06.01 11:00
女性セブン
プロランニングコーチの金哲彦氏(左)とマラソンランナーの谷川真理氏
【パリ五輪展望】マラソン大国・日本は「復活」か「失墜」か 「箱根で活躍しなかった代表選手に“伸びしろ”あり」と谷川真理氏
 2024年7月には、4年に一度の祭典である夏季五輪がパリで開幕する。大会最終盤の花形競技・マラソンで、日本勢はかつての輝きを取り戻せるのか。テレビ解説でおなじみの谷川真理氏(マラソンランナー)と金哲彦氏…
2024.01.04 11:00
週刊ポスト
記念すべき第100回大会の注目ポイントは?(時事通信フォト)
【第100回箱根駅伝】青学・原晋監督がレース展開を予測「駒澤大に対抗できるのはウチだけ」 5区では4代目“山の神”も誕生するか
 2024年の箱根駅伝は記念すべき第100回大会。事前の予想では駒澤大学一強と言われているが、青山学院大学はその牙城を崩せるか? 名門・青学の原晋・監督(56)がレース展開を予想する。【前後編の後編。前編を読…
2023.12.31 06:59
週刊ポスト
青山学院大学の原晋・監督が他大の展開なども予想
【第100回箱根駅伝】青学・原晋監督が大予想「駒澤大には“白旗モード”。往路は6校の争いが面白い」
「駒澤大学一強」と言われる箱根駅伝第100回大会。他大学はどう食らいついていくのか──青山学院大学の原晋・監督(56)が、本番直前にもかかわらずインタビューに登場。他大の展開予想も大胆に交えながら、意気込み…
2023.12.31 06:58
週刊ポスト
区間別とっておき箱根グルメの数々(山門前 喫茶 住吉の「久寿餅」)
【2024年の箱根駅伝は第100回大会】沿道で応援する際に立ち寄りたいグルメ&名所を区間別に紹介
 新年のスタートを彩る箱根駅伝は、2024年が第100回大会。箱根路を駆けるランナーを応援するために沿道に駆けつける方も多いだろう。東京~箱根間の沿道のとっておきグルメや、ついでに立ち寄りたいスポットを区間…
2023.12.29 07:00
週刊ポスト
生田絵梨花
【祝ディズニー主演】元乃木坂46の生田絵梨花が圧巻の「タイトな私服姿」、大人ボディ解禁から止まらない快進撃
 タイトなスエットパンツに、白いタートルニット、薄いジャケットを羽織ったリラックススタイルが均整のとれたプロポーションを引き立てる。髪をざっくりと1つにまとめたことで、より引き立つその小顔には華やかな…
2023.12.22 11:00
NEWSポストセブン
1943年の大会、10区で日大がラストスパート。ゴールは靖国神社だった
【箱根駅伝100回の歴史】「戦争で死ぬ前に箱根を走りたい」──日本が劣勢にあった1943年、靖国神社から走り出した学生たちの思い
 毎年1月2日と3日に開催される箱根駅伝。2024年は100回大会を迎える記念すべき年であり、予選会の全国化や本戦出場枠の増加をはじめ、記念大会として例年以上の盛り上がりが期待されている。しかし、2024年は実は…
2023.12.10 10:59
NEWSポストセブン
靖国神社がスタートだった、1943年の大会
2024年箱根駅伝は「第100回」だが「100周年」ではない 背景にあった「戦争」と「靖国神社から往復した1943年大会」
 毎年1月2日と3日に開催される箱根駅伝。2024年は100回大会を迎える記念すべき年であり、予選会の全国化や本戦出場枠の増加をはじめ、記念大会として例年以上の盛り上がりが期待されている。しかし、2024年は実は…
2023.12.10 10:58
NEWSポストセブン
日テレ女子アナ同窓会
【日本テレビ・レジェンドアナ座談会】代々伝わる「天城越えより困難な箱根越え」駅伝実況の“体育会系”舞台裏
 1980~1990年代のテレビ黄金期を支えた日本テレビのレジェンドアナ3人(永井美奈子、松本志のぶ、馬場典子)が再会。当時を知る3人が、日テレならではの一大イベント・箱根駅伝でのスポーツ実況を振り返る。(司…
2023.08.23 10:57
週刊ポスト
駒大陸上部・大八木弘明総監督が明かす指導法の変化 選手への檄は「男だろ!」から「もっとできる」へ
駒大陸上部・大八木弘明総監督が明かす指導法の変化 選手への檄は「男だろ!」から「もっとできる」へ
 新年度が始まり、新しい環境に飛び込み、コミュニケーションに不安を抱く人もいるだろう。頑なに自分の意見を押し通してしまう、人の意見に耳を貸さない、目下の人の意見は「何も知らないくせに」と一刀両断して…
2023.04.06 07:15
マネーポストWEB
「箱根駅伝のランナーに選ばれなくてもいい」 後発で厚底シューズ開発に参入したデサントの勝算
「箱根駅伝のランナーに選ばれなくてもいい」 後発で厚底シューズ開発に参入したデサントの勝算
 今回の箱根駅伝は、特に緑色の「ナイキの厚底シューズ」を履く選手が目立っている。2017年夏に「ナイキの厚底」が発売されて以降、陸上長距離界のシューズには革命的な変化が訪れた。正月の風物詩である箱根駅伝…
2023.01.03 07:15
マネーポストWEB
箱根駅伝
箱根駅伝の沿道応援解禁で「二宮のフリーザ様」復活か 本人が語っていた「地元を盛り上げたい」の思い
 1月2日の箱根駅伝の往路は近年、稀にみる大激戦となった。前回王者の青山学院大、今季の大学駅伝三冠を目指す駒澤大、そして復活した古豪・中央大の間で激しくトップが入れ替わる展開となった。駒澤大が先頭で芦…
2023.01.03 07:00
NEWSポストセブン
箱根駅伝シューズ
箱根駅伝「シューズ戦争」にミズノが参戦 「厚底ありきでなく短距離スパイクの発想で開発した」
  正月の風物詩となっている箱根駅伝の選手たちの「足元」に異変が起きたのは2018年のことだった。それまではアシックスなど国産メーカーのシューズを採用する選手が多かったところに、「ナイキの厚底」という“黒…
2023.01.02 07:00
NEWSポストセブン
2023年の箱根駅伝の注目ランナーたち(左から青学大・横田俊吾と中大・中澤雄大。写真=SportsPressJP/AFLO、AFLO)
【箱根駅伝】青森山田、佐久長聖、学法石川…2023年注目ランナー出身高校監督が語る
 2023年の箱根駅伝の注目ランナーたちは高校時代にどんな走りをしていたのか。多くの注目ランナーを輩出する強豪高校陸上部の監督たちに話を聞いた。「スピードは若いうちにしか身につかない」学法石川高校・松田…
2023.01.01 07:00
週刊ポスト
大東文化大の真名子圭監督
【箱根駅伝】予選会トップの大東大・真名子圭監督 「仙台育英で高校日本一」からの転身
 東武東上線高坂駅(埼玉県東松島市)からほど近い閑静な住宅地に、大東文化大学陸上競技部の寮は建つ。監督就任1年目にして、4年ぶりの箱根駅伝出場を決めた真名子圭は切り出した。「うちは地域の、高坂の人たち…
2022.12.31 07:00
週刊ポスト

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン