スポーツ

ヤクルト・村上宗隆に「打率を気にするな」球界OBの“三冠王阻止男”が助言

三冠王達成に期待が高まるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)

三冠王達成に期待が高まるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)

 ヤクルトの村上宗隆(22)が三冠王に向け邁進中だ。本塁打41本、101打点は2位を大きく引き離す独走状態(数字は8月16日終了時点、以下同)。

 球界のレジェンドからも「自分のツボがあって、配球を読んで三冠王を獲ったノムさん(野村克也氏)とは全く違うタイプ。穴がなく、逆方向にあれだけ放り込めるのは凄い。背筋が相当強い証拠」(通算350勝の米田哲也氏)と絶賛の声があがっている。

 残るハードルは打率で、1位のDeNA・佐野恵太に2厘差の3割2分と肉薄するが、過去の例ではセ・リーグで「二冠王」は45回あり、そのうち34回が「本塁打・打点」の二冠。つまり“打率だけ逃す二冠王”が最も頻繁にあるパターンなのだ。

「村上はボールを振らなくなったし、三振も減った。いいバッターになったよ。あとは打率だね」

 そう話すのは中日OBで通算2062安打の谷沢健一氏。谷沢氏は1976年に首位打者を獲得し、同年に本塁打・打点の二冠を獲った巨人・王貞治の三冠王を阻止。1980年には同様に打率トップとなって広島・山本浩二を二冠王に留めた経験を持つ。

 ポイントは2度の“三冠王阻止”の際の谷沢氏の打率が3割5分5厘、3割6分9厘とハイレベルだったことだろう。

「王さんや浩二さんの(三冠を阻止した)時と違って、今季はリーグ打率1位の数字がそんなに高くないからね(笑)。そういう意味で村上にチャンスはあるでしょう。イチローのように4割近く打つバッターがいるとホームラン打者の三冠王はハナから難しいからね」

 ただし、数字を積み上げる本塁打・打点と、上下動する打率では意識が変わる。だからこそ、谷沢氏は「率ばかり気にしないほうがいい」と話す。

「当てにいくバッティングになり、こぢんまりしてしまう。だから、打率ではなく安打の本数を目標にするといい。村上は38試合を残して115安打。四球もあるから、あと50本打って160本超えが目標でしょう。毎日の打率の数字は気にしない。そうすれば三冠王になれると思うよ。僕が1976年に首位打者を獲った時も、残り30試合で40本打てばトップを走っていた張本(勲)さんの打率に近くなるという計算でやって1毛差で逆転した。村上もそんな気持ちでやれば3つ取れますよ」

“村神様”の令和初の三冠王達成はもう目の前だ。

※週刊ポスト2022年9月2日号

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン