国内

渋谷母娘刺傷、逮捕中3少女の家庭環境と学校生活 精神科医は「8月末に発生」に着目

事件現場は騒然としていた。20日、東京都渋谷区(共同通信社)

事件現場は騒然としていた。20日、東京都渋谷区(共同通信社)

「あの子、死んだ?」。周囲の大人たちに取り押さえられた少女はうわごとのようにつぶやいた。その瞳には、光が宿っていなかった──。8月20日午後7時半頃、東京・渋谷区の路上で、53才の母親と19才の娘が刃渡り8.5㎝の包丁で切りつけられた。

「犯行現場は神泉駅近く。背後から襲われ、背中や腹のほか肩や腕などを執拗に何度も刺され、母娘ともに全治3か月以上の重傷を負いました。強い殺意があったようで、娘の方の傷は深さ10㎝ほど。腎臓にまで達していたそうです」(社会部記者)

 殺人未遂容疑で逮捕されたのは埼玉県戸田市の市立中学に通う3年生のA(15才)だった。

「当初、Aは警察の取り調べに対して『死刑になりたくて、たまたま見つけた2人を刺した』などと供述していた」(前出・社会部記者)

 Aのポケットからは、長さ9cmの折りたたみナイフと、長さ7cmほどの果物ナイフも見つかった。Aは逮捕後、犯行の動機を詳しく話し始めている。

「自分の母親を殺そうと考え、『自分に本当に人が殺せるのか確かめたかった。予行演習をしたかった。母親に似た人を狙った』と言うのです。『不機嫌になると態度に出る母親に自分も似てきていると思った。それが嫌で殺そうとした』と。また、母親の遺体を見たらかわいそうだからと、1才年下の弟も殺そうとしていたそうです。殺害を計画し始めたのは最近だといいます」(前出・社会部記者)

 小学生時代のAは、サッカークラブで活躍していたという。

「いまはショートカットだけど、昔のAちゃんは長い髪を結んでサッカーをしていました。弟さんを連れて練習に向かう姿をよく見かけましたよ。たしか4、5年前に両親は離婚したようですが、家族のトラブルは聞いたことがありません。お母さんは、保険会社の管理職を務めるしっかりとされたかたで、美人。お仕事でお母さんがいないときはAちゃんが家事をやっていました。勉強もよくできたんじゃないかな」(近隣住民)

 しかし、中学校に入学すると、家族のかたちは少しずつ変化していく。Aは、1年生の3学期から不登校気味に。登校した際も、別室で自習などをしていたという。

「Aの母親は、警視庁の事情聴取に対し、『娘は部活をやめたことや友人関係を理由に学校に行かなくなった』と話しているといいます」(別の社会部記者)

 母親いわく「口数が少なく冷静で、真面目な性格だった。厳しく注意をしても、淡々と返事をしていた」というA。犯行当日も、その様子は変わらなかった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン