ライフ

間違いだらけの「インプラント治療」技術格差が大きく手術後の後遺症トラブル多発

インプラント治療の「よくある間違い」に注意(イメージ)

インプラント治療の「よくある間違い」に注意(イメージ)

 日本人の成人の約7割が、歯周病を患っているとされる。大切なのは、歯科業界の一部に蔓延している“間違った歯科治療・口腔ケア”を避け、正しい治療やケアを知ることだ。『やってはいけない歯科治療』著者でジャーナリストの岩澤倫彦氏がインプラント治療の「よくある間違い」についてレポートする。

 * * *

【間違い】手術をすればインプラント治療は完了?

 抜歯後に、チタン製の人工歯根を顎の骨に埋入し、支台をつけて人工歯を装着するインプラント。手術が治療のゴールと思っているとしたら、考え直したほうがいい。深刻な悲劇を招くからだ。

 歯周病で歯を失い、インプラント手術を受ける場合、まず歯周病治療を受ける必要がある。そしてインプラント手術後は、毎日の口腔ケアを根本的に改善して、定期的に専門家のケアを受けなければならない。

 これを怠ると、「インプラント周囲炎」になり、歯周病と同様に、感染で炎症が起きて歯槽骨が溶ける(歯科用語で吸収)リスクが高まる。インプラント周囲炎は進行スピードが速く、有効な治療法もない。つまり治療は手術後も続いていくのだ。

 こうした重要な点を患者に教えないばかりか、杜撰な治療を行うケースも存在するという。

「歯周病が悪化して抜歯された際、同時にインプラント手術を受けたのですが、2週間ほど疼痛に悩まされました。歯科医に訴えたところ、『絶対に感染ではない』と言って取り合ってくれませんでした」

 この患者は結果的にはインプラントを抜き、数か月かけて組織を治癒させてから、再びインプラント手術を受けたという。“歯周病で抜歯後、すぐにインプラント手術ができる”と謳う歯科医が増えているが、注意したい。

【間違い】サービスでインプラントを入れてくれる親切な歯科医がいる?

 ある領域の歯科講習会に参加した一歯科医の証言を紹介したい。

「講師の歯科医が自慢気にこんな話をしたのです。

『自分のクリニックでは、インプラントの患者に困ることがない。抜歯の患者に麻酔をかけた時、抜歯と同時にインプラント手術をするからだ。後で患者に“インプラントを埋めておきました”と言うと、大体は親切な歯科医だと評価してくれる』

 唖然としました。もちろん事前に患者の同意を取っていません。中には怒る患者さんもいるのでは、と聞くと──。

『その場合はインプラントをすぐ抜けばいい。抜いたインプラントは、“手術に使用したが、結合しなかった”と報告書つきで販売会社に送れば、タダで新品に換えてくれる』

 だから自腹を切らずに、患者を増やせるというのです。同じ歯科医として恥ずかしいですよ」

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン