ライフ

間違いだらけの「インプラント治療」技術格差が大きく手術後の後遺症トラブル多発

インプラント治療の「よくある間違い」に注意(イメージ)

インプラント治療の「よくある間違い」に注意(イメージ)

 日本人の成人の約7割が、歯周病を患っているとされる。大切なのは、歯科業界の一部に蔓延している“間違った歯科治療・口腔ケア”を避け、正しい治療やケアを知ることだ。『やってはいけない歯科治療』著者でジャーナリストの岩澤倫彦氏がインプラント治療の「よくある間違い」についてレポートする。

 * * *

【間違い】手術をすればインプラント治療は完了?

 抜歯後に、チタン製の人工歯根を顎の骨に埋入し、支台をつけて人工歯を装着するインプラント。手術が治療のゴールと思っているとしたら、考え直したほうがいい。深刻な悲劇を招くからだ。

 歯周病で歯を失い、インプラント手術を受ける場合、まず歯周病治療を受ける必要がある。そしてインプラント手術後は、毎日の口腔ケアを根本的に改善して、定期的に専門家のケアを受けなければならない。

 これを怠ると、「インプラント周囲炎」になり、歯周病と同様に、感染で炎症が起きて歯槽骨が溶ける(歯科用語で吸収)リスクが高まる。インプラント周囲炎は進行スピードが速く、有効な治療法もない。つまり治療は手術後も続いていくのだ。

 こうした重要な点を患者に教えないばかりか、杜撰な治療を行うケースも存在するという。

「歯周病が悪化して抜歯された際、同時にインプラント手術を受けたのですが、2週間ほど疼痛に悩まされました。歯科医に訴えたところ、『絶対に感染ではない』と言って取り合ってくれませんでした」

 この患者は結果的にはインプラントを抜き、数か月かけて組織を治癒させてから、再びインプラント手術を受けたという。“歯周病で抜歯後、すぐにインプラント手術ができる”と謳う歯科医が増えているが、注意したい。

【間違い】サービスでインプラントを入れてくれる親切な歯科医がいる?

 ある領域の歯科講習会に参加した一歯科医の証言を紹介したい。

「講師の歯科医が自慢気にこんな話をしたのです。

『自分のクリニックでは、インプラントの患者に困ることがない。抜歯の患者に麻酔をかけた時、抜歯と同時にインプラント手術をするからだ。後で患者に“インプラントを埋めておきました”と言うと、大体は親切な歯科医だと評価してくれる』

 唖然としました。もちろん事前に患者の同意を取っていません。中には怒る患者さんもいるのでは、と聞くと──。

『その場合はインプラントをすぐ抜けばいい。抜いたインプラントは、“手術に使用したが、結合しなかった”と報告書つきで販売会社に送れば、タダで新品に換えてくれる』

 だから自腹を切らずに、患者を増やせるというのです。同じ歯科医として恥ずかしいですよ」

関連記事

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン