スポーツ

途中休場の横綱・照ノ富士、場所後に昇進披露パーティー 巨額の祝儀集まるイベントだけに延期困難か

9日目の取組では高安(右)に今場所4つ目となる金星を献上した照ノ富士(時事通信フォト)。

9日目の取組では高安(右)に今場所4つ目となる金星を献上した照ノ富士(時事通信フォト)。

 大相撲秋場所は、10日目から横綱・照ノ富士が休場となっている。今場所は2017年九州場所の稀勢の里以来という4つの金星を配給し、5勝4敗という成績にとどまるなかで横綱昇進7場所で後2度目となる休場に追い込まれ、場所後に故障を抱える膝の手術が必要となる可能性もある。膝の故障で一度は大関から序二段まで番付を落とし、そこから復活した照ノ富士だが、またも正念場を迎えている。そうしたなかで、場所後には照ノ富士や関係者が待ちわびた“イベント”が控えているのだ。

 両膝の手術を受けたことによる4場所連続全休などを経て、2019年3月場所に序二段まで落ちた照ノ富士は、そこから劇的な復活を遂げ、昨年の7月場所後に横綱昇進を果たした。ただ、両膝には痛々しいサポーターが巻かれた状態が続いており、今回もその古傷の状態が悪化しているとみられる。

 その照ノ富士は場所後の10月16日に、都内で昇進披露パーティーを開催する予定になっている。すでに昇進から1年以上が経過しているが、コロナ禍があったためにこれまで開催できずにいたのだ。相撲担当記者が言う。

「2度目の大関をたった2場所で通過して横綱に昇進するというスピード出世だった照ノ富士は、再大関の昇進パーティーもやっていない。前回の大関昇進パーティ(2015年9月)は1300人を集め、9本の化粧まわしが贈られるなど盛大に行なわれた。今回は、横綱と大関の昇進のお祝いを兼ねる予定だが、それだけに休場だけは避けたかったはず。苦しい判断だったでしょう。しかも場所後に手術するかもしれないのですから、本来は延期の可能性だって考えられるはずですが、招待状も発送済みだし、部屋関係者は予定通り実施すると明言している」

 昇進パーティーは力士たちにとってとても大切なイベントなのだという。若手親方が言う。

「角界ではパーティーで祝儀を集めることが非常に重要で、それが引退後に親方として部屋を構えたりするうえでの原資になってくる。十両昇進、幕内昇進、大関・横綱昇進といったパーティーを積み重ね、最後に最大の集金イベントである引退相撲がある。国技館でやれば横綱クラスなら1億円が集まるといわれます。だから、新型コロナでどんなに先送りになっても、みんな引退相撲はやりたがるわけです。あとは結婚披露宴もタニマチが祝儀を奮発する大きなイベントですね。

 昇進パーティーや結婚披露宴は本場所で好成績を残して臨みたいもの。かつては場所後にイベントがある力士には祝儀場所として星を譲るのが当たり前という話も聞きましたが、ガチンコ全盛のいまはそういうのは全くないですからね。早々に負け越した大関・正代も場所後に昇進パーティーがありますが、照ノ富士も大変な状況で晴れの席を迎えることになってしまった」

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン