スポーツ

途中休場の横綱・照ノ富士、場所後に昇進披露パーティー 巨額の祝儀集まるイベントだけに延期困難か

9日目の取組では高安(右)に今場所4つ目となる金星を献上した照ノ富士(時事通信フォト)。

9日目の取組では高安(右)に今場所4つ目となる金星を献上した照ノ富士(時事通信フォト)。

 大相撲秋場所は、10日目から横綱・照ノ富士が休場となっている。今場所は2017年九州場所の稀勢の里以来という4つの金星を配給し、5勝4敗という成績にとどまるなかで横綱昇進7場所で後2度目となる休場に追い込まれ、場所後に故障を抱える膝の手術が必要となる可能性もある。膝の故障で一度は大関から序二段まで番付を落とし、そこから復活した照ノ富士だが、またも正念場を迎えている。そうしたなかで、場所後には照ノ富士や関係者が待ちわびた“イベント”が控えているのだ。

 両膝の手術を受けたことによる4場所連続全休などを経て、2019年3月場所に序二段まで落ちた照ノ富士は、そこから劇的な復活を遂げ、昨年の7月場所後に横綱昇進を果たした。ただ、両膝には痛々しいサポーターが巻かれた状態が続いており、今回もその古傷の状態が悪化しているとみられる。

 その照ノ富士は場所後の10月16日に、都内で昇進披露パーティーを開催する予定になっている。すでに昇進から1年以上が経過しているが、コロナ禍があったためにこれまで開催できずにいたのだ。相撲担当記者が言う。

「2度目の大関をたった2場所で通過して横綱に昇進するというスピード出世だった照ノ富士は、再大関の昇進パーティーもやっていない。前回の大関昇進パーティ(2015年9月)は1300人を集め、9本の化粧まわしが贈られるなど盛大に行なわれた。今回は、横綱と大関の昇進のお祝いを兼ねる予定だが、それだけに休場だけは避けたかったはず。苦しい判断だったでしょう。しかも場所後に手術するかもしれないのですから、本来は延期の可能性だって考えられるはずですが、招待状も発送済みだし、部屋関係者は予定通り実施すると明言している」

 昇進パーティーは力士たちにとってとても大切なイベントなのだという。若手親方が言う。

「角界ではパーティーで祝儀を集めることが非常に重要で、それが引退後に親方として部屋を構えたりするうえでの原資になってくる。十両昇進、幕内昇進、大関・横綱昇進といったパーティーを積み重ね、最後に最大の集金イベントである引退相撲がある。国技館でやれば横綱クラスなら1億円が集まるといわれます。だから、新型コロナでどんなに先送りになっても、みんな引退相撲はやりたがるわけです。あとは結婚披露宴もタニマチが祝儀を奮発する大きなイベントですね。

 昇進パーティーや結婚披露宴は本場所で好成績を残して臨みたいもの。かつては場所後にイベントがある力士には祝儀場所として星を譲るのが当たり前という話も聞きましたが、ガチンコ全盛のいまはそういうのは全くないですからね。早々に負け越した大関・正代も場所後に昇進パーティーがありますが、照ノ富士も大変な状況で晴れの席を迎えることになってしまった」

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン