芸能

TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に

木本は沈痛

木本はアルバイトをしながら債権回収

 大騒動に発展したTKOの木本武宏(51才)を巡る「巨額投資トラブル」。3億円近い負債を抱えた木本はいまも回収に奔走しているが、8月上旬に事態が急変。返済を約束したはずの投資話の首謀者が忽然と姿を消し、30億円超ともいわれる資金の行方がわからなくなっている。

「息子とはもうずっと連絡が取れず、生きているか死んでるのかもわからないんです。毎日、怖くて怖くて、どうしたらいいのか…」  

 弱々しい言葉で本誌・女性セブンにそう話すのは、複数の債権者と連絡を絶ったまま行方がわからなくなっているアパレル会社の元社長X氏の母親である。地方でひっそり暮らすX氏の母は、涙を流しながらこう続けた。

「ずいぶん前にLINEで『大丈夫だよ』と送られてきたのが最後の会話です。親子の縁は切っていますが、私を心配させないために連絡してきたのでしょう。多くのかたにご迷惑をかけていると聞いて、恐ろしくて夜も眠れません。いっそ死んでお詫びしたいくらいです」

 事の発端は、TKOの木本武宏(51才)も被害に遭った複数の芸能人を巻き込む“巨額投資トラブル”だった。

 今年8月に女性セブンのインタビューに応じた木本は、X氏から持ちかけられた実態不明の不動産投資で億単位の負債を背負ったことを告白。現在はアルバイトで生活費を工面しながら、債権の回収に奔走している。

「X氏は、架空のFX取引で被害に遭った木本さんに、別の儲け話を持ちかけた不動産投資の首謀者です。知人の債権を肩代わりした分を含め3億円以上がいまだに返っていませんが、木本さんはX氏が提示した返済計画を信じて待ち続けていました」(木本氏の知人)

 趣味のサウナ通いも断ち、人目につかないところで地道に働いているという木本。一方で、木本以外にも複数の芸能人や投資家から資金を集めたX氏が、返金に応じないまま8月上旬に“失踪”していたことがわかった。被害者のひとりが憤りを露わにする。

「X氏は一昨年頃から、FXの運用や不動産投資名目などで、1人あたり数百万円から数億円以上の資金を集めていました。はじめのうちは利益を出しているように見せて、いざ大金を預けると『コロナに感染した』とか『ウクライナ情勢が…』などと不自然な言い訳を繰り返して、支払いを先延ばしにする。運用実態を開示せず、返済を求めると『原資がない』と開き直り、ついに夜逃げ同然で姿を消してしまったのです」

 警察や金融庁にも複数の被害者から相談が寄せられ、被害総額は30億円を超えるともいわれる。木本も弁護士と話し合い、近く法的手段を取ることも検討しているという。

「X氏は不動産や金融商品を扱う資格を持っていませんが、勧誘の際に『月利10%』を謳ったり、元本を保証するケースもあったようです。被害者の間ではポンジ・スキームを疑う声も上がっています」(前出・被害者)

 近年、被害相談が急増している「ポンジ・スキーム」とは、どんな手口なのか。詐欺被害に詳しいワンピース法律事務所の杉山雅浩弁護士が解説する。

「『運用益を配当金として支払う』と言って資金を集め、実際には運用せず、新たな出資者から集めた資金を配り、破綻したら終わりという金融詐欺の一種です。元本を保証して資金を集めていたなら、出資法違反や金融商品取引法違反(無登録営業)に当たる可能性もあります」

関連キーワード

関連記事

トピックス

米東部ペンシルベニア州バトラーで、警護官に囲まれるトランプ前大統領(EPA=時事)
《トランプ前大統領銃撃事件で使用》「全米で広く出回る」AR-15ライフル、日本の暴力団が「使わない」理由
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
日本競泳界の新エースとして期待される本多灯
【パリ五輪・競泳】日本のエース・本多灯の直前練習に密着 自称“無邪気な永遠の4歳児”は「勝つ自信はあります」と凛々しい表情
週刊ポスト
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン