国際情報

晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え

(写真/GettyImages)

チャーミングな笑顔を見せるエリザベス女王(写真/GettyImages)

 死去から国葬までのプロセスは、生前の彼女自身が緻密に計画したものだった。9月19日に行われたイギリスのエリザベス女王(享年96)の国葬。イギリスでは1960年代からこの日に備えて、「ロンドン橋作戦」と呼ばれる葬儀計画の準備が進められていた。会議には女王も参加し、自らの葬儀のすべての進行に目を配ったという。

 女王が唯一、棺に入れることを望んだもの、それは昨年4月に99才で他界した夫・フィリップ殿下との結婚指輪だった。国王に即位した息子・チャールズの提案で、棺の上には女王夫妻の結婚式のブーケに用いられた花のギンバイカが飾られた。

 国葬当日には、毎朝女王に目覚めの曲を届けた専属のバグパイプ奏者が奏でる追悼の音色が、ウェストミンスター寺院に鳴り響いた。沿道やパブリックビューイング会場には多くの国民が駆けつけ、偉大な女王との別れを惜しんだ。ウィンザー城へ向かう霊柩車は後部の窓が大きく、天井がガラス張りで、沿道から女王の棺を見ることができた。これも「開かれた王室」をめざした女王のリクエストだった。

 聖ジョージ礼拝堂で行われた埋葬式の後半には王権を象徴する王冠と宝玉、王笏が棺の上から取り除かれ、エリザベス女王の棺は最愛のフィリップ殿下の隣に埋葬された。イギリスの君主として歴代最長の70年にわたり在位しながら、亡くなる2日前まで公務をこなして、ピンピンコロリで夫のもとに旅立った女王。多くの国民に見送られた彼女は、なぜ96才にして「生涯現役」を達成できたのだろうか。

いつだって生きることに前向きだった

 人生100年時代をどう生き切るかは、誰にとっても大きなテーマだ。それは同時に、どのように死を迎えるかという問題でもある。そういった意味では、9月8日に死去したエリザベス女王の最期は理想的と言える。

 死の数日前、女王は滞在先のスコットランド・バルモラル城に招待した親族らと王室伝統の狩猟イベントや夕食を楽しんだ。このときの女王は元気で、何でも自分でこなしていたという。最後の週末をともに過ごしたスコットランド教会の牧師は、英紙にこう述べた。

「彼女の健康状態が悪いことは知っていましたが、日曜日(4日)に彼女と別れたとき、とても前向きで、数日間で状況が大きく変わったとはとても信じられません」

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン