スポーツ

アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜

日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん

日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん

 アントニオ猪木さん(享年79)の訃報に、各界から悲しみの声が広がっている。「燃える闘魂」のキャッチフレーズで、パワーあふれるイメージが強い猪木さん。そんな猪木さんには知る人ぞ知る意外な一面があった。在京キー局のプロデューサーが明かす。

「猪木さんは超能力やスピリチュアルに強い関心がありました。アメリカの高名な超能力者で、大企業の経営者やハリウッド俳優のカウンセリングを行なっていたロン・バード氏(故人)とも親交があり、彼が来日した際は猪木さん行きつけのバーでよく飲んでいたようです」

 2010年、ロン氏がTBSの超能力特番への出演で来日した際は、猪木さんが番組にゲスト出演。「俺は目を瞑っていても美人がどこにいるかわかるんだ」とジョークを飛ばし、“透視実験”に参加する一幕もあった。この番組に携わった前出のプロデューサーが語る。

「ロン氏の滞在中、彼の行きつけという六本木のバーに連れて行ってもらいました。店に到着すると、大音量で『サライ』を熱唱する男性の歌声が店の外まで漏れてきた。その歌声の主は、赤いマフラーをまとった猪木さんでした」

 そのバーは、後に猪木さんの伴侶となる橋本田鶴子さん(2019年没)が経営する店だった。

「ロン氏は私を驚かせようと、猪木さんが来店していることを伏せていたのでびっくりしましたが、猪木さんは初対面の私を快く同席させてくれました。緊張する私に『なに飲む?』『メシ食ったの?』と気さくに声をかけてくれたことを覚えています。ロン氏と猪木さんは英語で会話をしていましたね」(同前)

 深夜まで続いた宴の途中、猪木さんは「面白いものを見せてあげるよ」と語ってニヤリと笑い、ポケットから何かを取り出した。

「猪木さんはダウジング(金属棒や振り子を使い、水脈や鉱脈を探り当てるとされる手法)で使う振り子を手にすると、私に数枚のおしぼりを手渡し『君が身につけている貴金属や腕時計など、なんでもいいからこの中に隠せ』という。猪木さんに見えないよう指輪を隠すと、彼はおしぼりの上に振り子をかざし『この中に入っているな』とぴたりと言い当てたんです」(同前)

 カウンターの中には、ダウジングのメカニズムを熱く語る猪木さんを、微笑ましく見守る田鶴子さんの姿があったという。

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン