芸能

弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か

弘中綾香アナ・田中みな実

弘中綾香アナと田中みな実(写真/時事通信フォト)

 テレビ朝日の弘中綾香アナ(31)が、9月30日に結婚を発表した。お相手は、英語コーチングサービスを展開する株式会社プログリットの代表取締役社長・岡田祥吾氏(31)。その資産は15億円といわれており、同社は結婚発表の前日に東証グロース市場に上場している。

「弘中アナといえば、オリコンの『好きな女性アナウンサーランキング』で3連覇中の現役No.1女性アナウンサー。そのお相手が“ハイスペック男性”ということで、業界内でも“さすが弘中アナ”という声も多いですね。人気女性アナの場合、有名タレントやアスリートと結婚するパターンもありますが、場合によってはお相手のファンからバッシングされてしまうケースもあります。でも、今回の結婚にはそういったこともなさそうですね」(テレビ局関係者・以下同)

 2013年4月にテレビ朝日に入社した弘中アナ。1年目で『ミュージックステーション』のサブMCに抜擢されると、その後は主にバラエティ番組で活躍。現在は『激レアさんを連れてきた』、『ノブなかなんなん?』、『あざとくて何が悪いの?』などにレギュラー出演している。

「現在出演中の番組は、いずれもメインの出演者です。局アナの場合、進行役やサブMCといった形が多いのですが、弘中アナの場合は完全にタレントと同じ起用のされ方なんですよ。そもそも、アナウンス力よりも、フリートークが高く評価されていて、“アナウンサーとしてのコメント”ではなく、“タレントとしてのコメント”が求められることが多い。“局アナ”というよりむしろ、“テレビ朝日専属タレント”に近いかもしれないですね」

 2021年2月にはフォトエッセイ集『弘中綾香の純度100%』(マガジンハウス)、同年7月には写真集『ひろなかのなか』(講談社)を発売している。

「テレビ以外の活動も含めて、まさに“タレント”なんですよ。でも“局アナ”という特別な立場があるからこそ、キャラクターが保てているという側面もあると思います。もし“普通の新人タレント”であれば、1年目からここまで大きなチャンスは回ってこない。何度もフリー転身説が浮上しつつも、フリーにならなかったのは、弘中アナがそういった状況を理解しているからでしょう」

チャレンジする環境が整った

 しかし、結婚したことでフリー転身が近づいたと見る関係者も少なくないという。

「お相手は“社長”ですから、経済的な基盤は申し分ない。弘中アナも、今よりももっと自由にやりたいことにチャレンジする環境が整ったということです。結婚したことで、芸能マスコミから追われることも少なくなり、私生活も多少は自由に動きやすくなったとも言えます。

 また、局アナの場合、いくら人気があるといっても、若手アナウンサーが台頭してくれば仕事を奪われてしまう可能性もある。また、社内で出世できるかどうかという問題もあり、このままテレ朝に居続けたとしても、弘中アナの“タレント性”が活かされ続けるわけではないのも事実なんですよね。そういった現状もよくわかっているでしょうし、フリーに転身し、自らのストロングポイントをより強めていく方向性に進んでいくのではないでしょうか」(芸能記者・以下同)

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン