国際情報

エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在

緊張した面持ちから一転、フィリップ殿下のジョークで笑顔に。1953年(写真/GettyImage)

日記をつけていたエリザベス女王(右はフィリップ殿下。1953年。GettyImages)

 9月8日に96年の生涯を閉じ、19日に国葬が行われたイギリスのエリザベス女王。歴史と伝統を誇るイギリスの女王としての重責はとてつもなく大きかったはずだが、押しよせるプレッシャーには、“逃げ道”を用意した。女王は幼い頃から日記をつけていたという。

《エンバンクメント、ピカデリー、ポールモール、ただひたすら何マイルも歩いた。午前(深夜)12時半にバルコニーに入る両親を見て、食事をして、パーティをして、午前3時に寝た!》

 第二次大戦の戦勝記念日には街に繰り出した様子をそう綴った。即位後、誰にも言えない心情を日記に書き込んだ。精神科医の樺沢紫苑さんが言う。

「ネガティブなことで鬱屈した胸の内を日記に書いて吐き出すことは、とてもよいストレス解消法です。ましてや女王ともなれば、嫌なことがあっても軽々しく人に言うことはできません。日記でガス抜きをしていたのでしょう」(樺沢さん)

 実際、本心を明かすのは母と妹に限られていたようだ。精神科医の渡邊宏行さんが言う。

「公に感情を出すと摩擦のもとになるので、私的な場で身近な人にだけ感情を吐き出すことはとても大切です。プライベートで本音を出せる相手がいると、精神的な安定を保ちやすい」(渡邊さん)

 樺沢さんが続ける。

「人と人の心が通うと、“つながりホルモン”と呼ばれるオキシトシンが分泌されて、免疫力が高まって心血管系疾患のリスクが減ります。本音を打ち明けられる人がひとりでもいれば、オキシトシンの力で健康になれるのです」

関連記事

トピックス

女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
NEWSポストセブン
今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)
原巨人は素材の宝庫 伸び悩む岸田行倫、松原聖弥に他球団から「トレードで欲しい」の声
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
昨年は男女若手アナウンサーのカレンダーを発売していた
毎年恒例「女子アナカレンダー」 TBSだけ「2023年版は制作しない」ことになった理由
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
《妻殺害容疑の長野県議》20年来の友人が語った実際の“夫婦関係”と「冗談好きの笑亀マン」の素顔
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト