国際情報

エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在

緊張した面持ちから一転、フィリップ殿下のジョークで笑顔に。1953年(写真/GettyImage)

日記をつけていたエリザベス女王(右はフィリップ殿下。1953年。GettyImages)

 9月8日に96年の生涯を閉じ、19日に国葬が行われたイギリスのエリザベス女王。歴史と伝統を誇るイギリスの女王としての重責はとてつもなく大きかったはずだが、押しよせるプレッシャーには、“逃げ道”を用意した。女王は幼い頃から日記をつけていたという。

《エンバンクメント、ピカデリー、ポールモール、ただひたすら何マイルも歩いた。午前(深夜)12時半にバルコニーに入る両親を見て、食事をして、パーティをして、午前3時に寝た!》

 第二次大戦の戦勝記念日には街に繰り出した様子をそう綴った。即位後、誰にも言えない心情を日記に書き込んだ。精神科医の樺沢紫苑さんが言う。

「ネガティブなことで鬱屈した胸の内を日記に書いて吐き出すことは、とてもよいストレス解消法です。ましてや女王ともなれば、嫌なことがあっても軽々しく人に言うことはできません。日記でガス抜きをしていたのでしょう」(樺沢さん)

 実際、本心を明かすのは母と妹に限られていたようだ。精神科医の渡邊宏行さんが言う。

「公に感情を出すと摩擦のもとになるので、私的な場で身近な人にだけ感情を吐き出すことはとても大切です。プライベートで本音を出せる相手がいると、精神的な安定を保ちやすい」(渡邊さん)

 樺沢さんが続ける。

「人と人の心が通うと、“つながりホルモン”と呼ばれるオキシトシンが分泌されて、免疫力が高まって心血管系疾患のリスクが減ります。本音を打ち明けられる人がひとりでもいれば、オキシトシンの力で健康になれるのです」

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン