店の壁にはOBたちの名刺や、店主夫妻への感謝の言葉が綴られた色紙が所狭しと飾られている。

 もちだ酒店は昭和24年創業、初代は滋賀県出身。戦後の混乱期に上京し、この地に酒屋を構えた。

「親父(初代)は頑固者だったから、カミさん(路子さん)は酒屋に嫁いできて長年苦労もかけてきた。角打ちを始めてからは毎日楽しそうでよかったよ。地元の人と現役学生、卒業生の憩いの場ができて嬉しいね」と店主。

 早大生たちから「東京の母」と慕われる路子さんも、

「角打ちのおかげで立派に成長した卒業生らに会う機会が増えて幸せですね。早稲田の酒屋に嫁いできてよかったわ」と目尻を下げる。

(写真左から)角打ちを運営する店長の清武大貴さん、店主の望田健二さんと妻の路子さん

(写真左から)角打ちを運営する店長の清武大貴さん、店主の望田健二さんと妻の路子さん

主人(右)を囲んで、早稲田OBの面々も愉快に酒を傾ける

主人(右)を囲んで、早稲田OBの面々も愉快に酒を傾ける

「娘の子育てが一段落した頃、早慶戦で初めて見た応援団が格好よくって、一瞬で虜になっちゃったのよ。応援団の追っかけ、今でいう“推し活”よ(笑)。

 清武くんが所属していた男子チア部『SHOCKERS (ショッカーズ)』も大好きで、今でもずっと応援しているんですよ」(路子さん)

 早稲田大学公認同好会「SHOCKERS」は、2004年に発足した日本初の男性チアリーディング部で、浅井リョウの小説のモデルにもなるなど注目を集める存在だ。

 店内のテレビに「SHOCKERS」の映像が流れると、現役生も混じって一杯やりながら鑑賞会が始まる。

 赤や緑に染めた個性的なヘアスタイルの学生たちがダンスをしたりバク転をしたり、アクロバティックなパフォーマンスが圧巻だ。

冬場は味が染みたおでんが定番。すっきり辛口の『焼酎ハイボール』で乾杯!

冬場は味が染みたおでんが定番。すっきり辛口の『焼酎ハイボール』で乾杯!

 和やかな店で客らの絆を深める酒は『焼酎ハイボール』。

 昭和39年卒というOBも楽しそうに酒を傾ける。

「男子チア部とはハイカラだね。俺たちの頃は、応援団といえばバンカラで硬派。時代は変われど、応援歌『早稲田の栄光』を歌い続けてきた老いも若きも、我らが“栄光”の仲間たちと交わす酒はいつも爽快な辛口。普遍の味だね」(80代)

2022年10月11日取材。

■もちだ酒店

【住所】東京都新宿区西早稲田3-1-3
【電話番号】03-3202-6513
【営業時間】18時30分~23時(土日祝は18時から)、月曜定休(祝日は不定)
焼酎ハイボール300円、ビール中びん600円、おでん盛り合わせ850円、自家製カツオ漬け650円、豚キムチ750円
※営業時間等は店舗にお問い合わせください。撮影時はマスク、及び仕切りを外しています。

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン