スポーツ

【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱

ハイタッチする人々

ハイタッチする人々

 ワールドカップ・カタール大会のグループリーグ第3戦で日本代表が強豪スペインに逆転勝利。グループリーグで見事1位通過を果たした。この熱戦を、本誌・週刊ポスト記者は、渋谷駅からほど近いスポーツバーで観戦した。

 試合開始1時間前の午前3時の渋谷は人もまばらで、タクシーの運転手さんも「いつもと変わらないね」と語っていた。この時点では日本代表のユニフォームを着た人もハチ公前にポツポツいる、という程度。センター街の客引きも暇そうで、「サッカー観戦できる居酒屋空いてます」と道行く人に声をかけていたが、誘いに乗る人はいないようだった。

 それでも試合開始30分前になると、日本代表ユニフォームを着たサポーターの若者がセンター街のスポーツバーなどに向かって「オーニッポン~!」と歌いながら歩いてきたり、「バモス!」(vamos=スペイン語で“さあ行こう”といった意味で使われる)と、すれ違う人に声をかける日本人の若者が現われた。

 試合開始直前、いざスポーツバーの店内に入ると、約半数が日本代表ユニフォーム、私服が残り半数。みな真剣に中継画面を見つめていた。泥酔した客はほとんどおらず、ピッチに日本代表が登場すると片手をあげて自然と「オーニッポン~、ニッポン~、ニッポン~、ニッポン~」の大合唱に。

 社会人男性3人組に話を聞くと「もしあのスペインに勝ったら渋谷めっちゃおもろいやん? と思って、今日はあえて生観戦に来ました。このあと仕事なので3時まではカプセルホテルで仮眠して整えてきました。勝ってくれないことには仕事のモチベーションも上がらない」とのこと。

 一方、日本代表のことをほぼ知らないというナンパ目的と思しき大学生もごく少数混じっており、前半に日本が先制された後には「サッカー観ないで騒ぎたいだけなら帰れや!」「おまえら黙っとれ!」と他の客に怒鳴られて、一瞬ピリッとした空気になった。

  後半に入り、日本が得点を重ね逆転すると、自然とハイタッチが発生、店内もより一体感が増した。試合終盤は、ルイス・エンリケ監督の顔が画面に抜かれるたびに「焦ってる! 焦ってる!」とコールが起こる興奮状態に。

 後半ロスタイム7分と表示されると「7分が長すぎる」「ドーハだからなにが起こるかわからんで」といった不安の声が飛び交った。試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、店員さんも含めて全員が「うおー!」と叫びながら、ハイタッチしたり飛び跳ねたりして歓喜のるつぼに。うれし涙を流す男性サポーターもいた。

 興奮冷めやらぬなか、森保監督のインタビューが始まるころには20人ほどの若者が渋谷のスクランブル交差点へ向かって足早に店を出て行った。センター街からスクランブル交差点へ向かって各スポーツバーや飲食店から続々と人が抜け出し、ここでも至る所でハイタッチや「オーニッポン~!」のコールが発生。スクランブル交差点には警官隊が待ち構えて大声で交通整理にあたったが、目立ったトラブルや喧嘩などは見受けられなかった。

 7時以降になるとサポーターたちは徐々に帰途につき、入れ替わるようにサラリーマンや通学する学生が増えてきた。熱狂と興奮の渋谷だったが、コンビニ前など、路地にはゴミが散乱していた。現地カタールでは日本のサポーターたちのゴミ拾いが称賛されていたが、渋谷では違ったようだ。

関連記事

トピックス

度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
自転車を取り締まる警視庁の警察官(イメージ、時事通信フォト)
自転車「逆走」が招く重大事故 ドライバーには「一時停止無視のママチャリ」も恐怖
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
黄色の旗を掲げることで安否を確かめ合う「黄色い旗運動」
迷惑を最小限に抑える「理想の孤独死」を叶えるにはどうすればいいのか? 「早く見つけてもらう」ために活用すべき官民サービス、アプリなど
女性セブン