ライフ

朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」

希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)

希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)

 13年前から新宿や池袋、桜木町などの駅前で通勤、通学の人々を励ますチアリーディングを続ける集団がいる。朝8時ちょうどに通勤途中の会社員や学生たちにエールを送る“朝チア”活動をする全日本応援協会「全日本女子チア部☆AJO」だ。道ゆく人々を“勝手に”応援する彼女たちだが、実はその彼女らを応援し、支える人々がいた。

 後楽園駅前での活動支援者のひとり、駅前で不動産業を営む大八恒産株式会社代表取締役、八幡信明氏はこう語る。

「後楽園駅で彼女らが朝チア活動したいと言うので、周辺のビルは私の会社が担当しているエリアでもありましたので、彼女らが活動しやすいように声かけをして回りました。また、彼女らが打ち合わせなどをする際には弊社の会議室を提供しています」

 なぜ彼女たちのことを応援するのか。それにはこんな想いがあった。

「彼女らの活動を見て、元気の押し売りだとか、応援すれば喜ばれると勘違いしているなどと言う人もいると思います。人それぞれの感じ方があってもいいと思うし、私はそれを否定しません。でも少なくとも私は彼女らの活動に胸を打たれ、できる限りのことをしたいと思いました。勝手に応援してくれる彼女らを、僕も勝手に応援しているだけです(笑)」

 支援者は他にもいる。後楽園近くでオリジナルTシャツなどの製作販売をしている株式会社ダーツ代表取締役の大根田利夫氏だ。

「今は世の中全体が暗いムードで景気も悪くなる一方で、しかも冬で寒くなってと体も心も縮こまるばかりですよね。でも、彼女たちは“目線だけは上げていきましょう”って僕らを応援してくれる。この世界は、人にしたことは全て自分に返ってくるし、それはいいことも悪いことも全て返ってくると思うんです。人に優しくすれば優しい人に出会えるもんです。彼女らの応援が誰かの心に届いて、その人もまた誰かを応援できたら…世の中平和になる気がしますよね」

 応援というバトンは手渡され、リレーのようにつながっていくものなのかもしれない。

<取材・文/河合桃子>

関連記事

トピックス

冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
羽生善治はいかにして復活を遂げたのか
【天才棋士・羽生善治の復活】AIの登場で下降し続けた成績 もがいて迷った1年を追う
週刊ポスト
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
女性セブン
,松本潤
平野紫耀、26歳の誕生日を韓国で迎える ソウルでの目撃情報にファン騒然
女性セブン
オーラを放ちながら店を出る松本
松本潤「生ビール400円」庶民派居酒屋に通う 大河の座長としてグルメ感度の高さを発揮
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
妻の松本伊代
松本伊代、正月は自宅で過ごすも再入院 ヒロミ「笑っちゃうほど大変」介護での共倒れを心配し苦渋の決断
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン