ライフ

朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」

希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)

希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)

 13年前から新宿や池袋、桜木町などの駅前で通勤、通学の人々を励ますチアリーディングを続ける集団がいる。朝8時ちょうどに通勤途中の会社員や学生たちにエールを送る“朝チア”活動をする全日本応援協会「全日本女子チア部☆AJO」だ。道ゆく人々を“勝手に”応援する彼女たちだが、実はその彼女らを応援し、支える人々がいた。

 後楽園駅前での活動支援者のひとり、駅前で不動産業を営む大八恒産株式会社代表取締役、八幡信明氏はこう語る。

「後楽園駅で彼女らが朝チア活動したいと言うので、周辺のビルは私の会社が担当しているエリアでもありましたので、彼女らが活動しやすいように声かけをして回りました。また、彼女らが打ち合わせなどをする際には弊社の会議室を提供しています」

 なぜ彼女たちのことを応援するのか。それにはこんな想いがあった。

「彼女らの活動を見て、元気の押し売りだとか、応援すれば喜ばれると勘違いしているなどと言う人もいると思います。人それぞれの感じ方があってもいいと思うし、私はそれを否定しません。でも少なくとも私は彼女らの活動に胸を打たれ、できる限りのことをしたいと思いました。勝手に応援してくれる彼女らを、僕も勝手に応援しているだけです(笑)」

 支援者は他にもいる。後楽園近くでオリジナルTシャツなどの製作販売をしている株式会社ダーツ代表取締役の大根田利夫氏だ。

「今は世の中全体が暗いムードで景気も悪くなる一方で、しかも冬で寒くなってと体も心も縮こまるばかりですよね。でも、彼女たちは“目線だけは上げていきましょう”って僕らを応援してくれる。この世界は、人にしたことは全て自分に返ってくるし、それはいいことも悪いことも全て返ってくると思うんです。人に優しくすれば優しい人に出会えるもんです。彼女らの応援が誰かの心に届いて、その人もまた誰かを応援できたら…世の中平和になる気がしますよね」

 応援というバトンは手渡され、リレーのようにつながっていくものなのかもしれない。

<取材・文/河合桃子>

関連記事

トピックス

二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン