芸能

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた

二枚目のルックスで活躍した志垣太郎さん(1972年)

二枚目のルックスで活躍した志垣太郎さん(1972年)

 今年3月、急逝していたことが明らかになった志垣太郎さん(享年70)。12月6日午後9時、志垣さんの長男の匠がTwitterで志垣さんが亡くなったことを報告したが、その日の午前、匠は『女性セブン』の取材に答えていた。

 匠は1988年、志垣さんと元女優・白坂紀子さんとの間に生まれた長男。2013年には「和音匠」という芸名で映画デビューしている。整った顔立ちは若い頃の志垣さんを彷彿とさせるイケメンだ。

 匠によれば志垣さんが亡くなったのは今年3月5日、仕事先の佐賀県に滞在しているときだったという。

「仕事に向かおうとしている中で少し体調に変化を感じたようで…。スタッフさんに相談したら“その日は休んでも大丈夫”ということで、一人で休んでいるときに急変したようで…。それで私と母に連絡が入り佐賀に向かいました」 (匠・以下同)

 志垣さんの妻と匠は急きょ病院に駆けつけたが、志垣さんはすでに息を引き取ったあとだった。死因は心不全だという。

「安らかな顔でした。信じられなくて…でも父からは母を頼んだぞと言われたような感じで、それだけ父はがんばっていたと思いますし。持病もなく、これまで大病もなく…。佐賀に行く前日にも『俺は100才まで生きる』と言っていたくらいですから」

 それから9か月。志垣さんの死は伏せられていたが、それについて匠は「私たちが一番ショックで、私も母も懸命に生きていて…心の整理がついたら発表しようと思います」とそのときは語っていた。葬儀は一部の近親者だけで済ませたという。

 芸能界でともに活動していた父については、「小さい頃から父のことが大好きで尊敬していました。偉大な先輩であり父であり友でした。ほんとに色んなことを学ばせてもらいました」と語った。

関連記事

トピックス

デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
鮎川さんと陽子さん。談笑するふたり(2022年5月撮影)
「シーナ&ザ・ロケッツ」鮎川誠さん、最後のバースデーライブで見せていた元パリコレモデル娘との“ひととき”
NEWSポストセブン
頻繁な社長交代が経営にどう影響するか(フジテレビ本社)
《速報》伝説の番組『オールナイトフジ』が4月から32年ぶり復活へ 司会に内定した「売れっ子芸人」の名前
NEWSポストセブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン