スポーツ

81歳の「力道山未亡人」は水道橋のプロレスグッズ店「闘魂SHOP」の店員になっていた【力道山未亡人~元日航CA・田中敬子の数奇な半生~#6】

現在は水道橋の「闘魂SHOP」で働く敬子さん

現在は水道橋の「闘魂SHOP」で働く敬子さん

“日本プロレスの父”力道山が大相撲からプロレスに転向し、日本プロレスを立ち上げてから2023年で70年が経つ。力道山はすぐに国民的スターとなったが、1963年の殺傷事件で、39年間の太く短い生涯を終えた。しかし、力道山を取り巻く物語はこれで終わりではない──。彼には当時、結婚して1年、まだ21歳の妻・敬子がいた。元日本航空CAだった敬子はいま81歳になった。「力道山未亡人」として過ごした60年に及ぶ数奇な半生を、ノンフィクション作家の細田昌志氏が掘り起こしていく。第6話は敬子の「現在」の日常を明らかにする。【連載の第6回。第1回から読む】

 * * *

実は2006年から“看板娘”

 JR水道橋駅西口を出て、東京ドームを背に専修大方向に1分ほど歩くと、新日本プロレスのオフィシャルショップ「闘魂SHOP」はある。

 店内に入ると、10万円相当のIWGPチャンピオンベルトのレプリカをはじめ、Tシャツ、ポスター、バスタオル、ポストカード、カレンダー、応援メガホンが所狭しと並べられ、ビッグマッチのチケット先行販売の日ともなると、行列は店を突き抜けて歩道にまで達する。店の奥に設えられたレジには、30代と思しき男性スタッフの傍らに、新日本プロレスのジャンパーを着た白髪の女性が立っていた。田中敬子である。

 筆者は彼女が隠棲しているどころか、闘魂SHOPで働いていることを取材の過程で知った。出勤は月に一度シフトが決められ、週3日、月10日以上は出勤している。2022年12月21日のこの日も、午後1時~5時までの4時間、孫のような若い店員と並んでレジに立って接客をしたり、商品棚を見て回ったりしていた。

「別にたいしたお金になんかならないのよ。ただね、家にずっといたってすることもないし、毎日飲み歩くわけにもいかないでしょう。だから、こうして真っ当な社会人としての生活もしておかないと」

 そう言って笑っている横で、小学生らしき少年がレジの前に立った。手にはオカダカズチカのTシャツを持っている。すると敬子は「はい、いらっしゃいませ」と慣れた手つきでTシャツを黒のビニール袋に詰めて、少年から金を受け取り、すっと釣りを渡した。筆者が眼を見開いていると、「まあ一応、これくらいのことは出来るんです」と悪戯そうに言った。少年はこの女性店員が、日本のプロレスの実質的な創作者である力道山の夫人だったことをおそらく認識していないだろうし、もしかしたら、力道山自体、知らないのかもしれない。

「多分、若い人は私のこともそうだけど、主人のことも知らないかもしれません。名前くらいは聞いたことがあるのかもしれないけど……。今は棚橋(弘至)君とかオカダ君とか、若い選手のファンって本当に多いのよねえ」

 しばらく立ち話をしていると「敬子さん」と初老の女性が声をかけてきた。

「あら、お久しぶり」

「今日、こっちまでたまたま足を延ばしたんで、敬子さんいらっしゃるかなって思って来たんです。よかったわ、会えて」

「ありがとうございます。今週はね、土曜24日と、年内は26日が最後」

 女性は、敬子としばし歓談して程なく去っていった。

「ああいう方もいらっしゃるの。私がいるときに来て声をかけて下さって。ただ、昔の方が多かったかな」

関連記事

トピックス

歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
お騒がせアイドルとして人気を博した榎本加奈子
《略奪婚から20年》43歳の榎本加奈子「爆弾発言アイドル」から敏腕社長に転身「人気スープカレー店売却」で次に狙う“夫婦念願の夢”
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
1986年11月の「リベンジ髪切りデスマッチ」
【クラッシュ・ギャルズvs極悪同盟】長与千種、ライオネス飛鳥、ダンプ松本、ブル中野…当事者たちが明かした“最凶の抗争”40年目の真実
週刊ポスト