スポーツ

【豊ノ島・廃業の舞台裏】深刻な年寄株不足、引退した人気力士が続々廃業する事態

“有望な元力士の相撲協会離れ”が止まらない?(時事通信フォト)

“有望な元力士の相撲協会離れ”が止まらない?(時事通信フォト)

 突然の廃業を発表した元関脇・豊ノ島、これを受けて角界の関係者、大相撲ファンに衝撃が走った。豊ノ島は引退後に年寄株を取得できず、「井筒」を名乗る権利を借りたが、その借用期限が昨年末だった。まさかの廃業の裏には、「年寄株不足」の問題があるのだ。【全3回の第3回。第1回から読む

 相撲協会は65歳定年だが、2014年から再雇用制度が導入され、70歳まで参与として残れるようになった。それゆえ、“年寄株が足りない”という構造問題が発生している。協会関係者が語る。

「豊ノ島も取得資金がないわけではないようだが、ほとんどの株の行き先が決まっており空きがなかった」

 豊ノ島に年寄株取得のチャンスがなかったわけではないが、噛み合わなかった。時津風一門の関係者が続ける。

「所属する時津風部屋で2007年に力士暴行死事件が起きた際に元小結・霜鳥が『錦島』を譲り受けたが、2011年に八百長問題で退職。その際、豊ノ島は空いた『錦島』を手にできたが、億単位の借金をするくらいなら、と手を出さなかったとされる。その判断が尾を引いてか、後々に株を譲るという声が掛からなくなった」

 2021年には新型コロナガイドライン違反で「時津風」を襲名していた元前頭・時津海も退職。

「元前頭・土佐豊が『時津風』を襲名し、土佐豊の『間垣』の権利が元・時津海に渡った。本来、その『間垣』は同じ部屋の豊ノ島に譲られそうなところ、引退間近だった伊勢ヶ濱一門の横綱・白鵬に持っていかれた。不祥事で退職する親方は高額で譲ろうと一門外に株を流出させることが多い。不祥事続きの時津風一門は年寄株不足に陥り、豊ノ島に回ってくる株がなくなった構図だ」(同前)

 事態は深刻である。昨年は引退した人気力士が親方にならず協会を去る例が相次いだ。元小結・松鳳山、元小結・千代大龍、さらには時津風部屋の由緒ある四股名を継いだ元前頭・豊山も廃業の道を選んだ。

 豊ノ島の退職と年寄株問題について協会に見解を問うたが、回答はなかった。慶応大学商学部の中島隆信教授はこう憂う。

「結局、年寄株という既得権を手にした親方衆が自分たちのカネのことばかり考えざるを得なくなっている。本来、協会に残って仕事をすべき能力のある人が年寄株を手に入れられず、能力に欠けていても金銭面やタイミング、人間関係など不透明な理由で協会に残れてしまう。今回の豊ノ島の件は象徴的な出来事だと思いますが、同様のことはこの先も続くでしょう」

 このままでは“有望な元力士の相撲協会離れ”は止まらない。

(了。第1回から読む

※週刊ポスト2023年1月27日号

関連記事

トピックス

度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
自転車を取り締まる警視庁の警察官(イメージ、時事通信フォト)
自転車「逆走」が招く重大事故 ドライバーには「一時停止無視のママチャリ」も恐怖
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
黄色の旗を掲げることで安否を確かめ合う「黄色い旗運動」
迷惑を最小限に抑える「理想の孤独死」を叶えるにはどうすればいいのか? 「早く見つけてもらう」ために活用すべき官民サービス、アプリなど
女性セブン