ライフ

「病院を替えたい」ときにすべきこと 和田秀樹氏「意見を伝えることを恐れないで」

病院を変えるには(写真/GettyImages)

病院を変えるには(写真/Getty Images)

 病気の治療で重要なのは医師とのコミュニケーション。もしも、医師が提示した治療や薬に納得がいかないという場合、その意見をしっかり伝えても受け入れてもらえないこともある、そんなときは、医師や病院そのものを替えることも視野に入れるべきだ。東京医療センター内科医長の尾藤誠司さんが言う。

「治療の変更や中止を依頼したときに、頭ごなしに怒る医師なら、替えた方がいい。反対に、何らかの選択肢を示してくれるなら、いい医師だといえます」

 別の病院に移るか検討する場合、セカンドオピニオンを取ることがあるが、それを嫌がる医師も替えた方がいいと東京医療保健大学副学長の小西敏郎さんは話す。

「特に外科医は、自分の手術でぜひ病気を治してあげたいという気持ちが強いあまりに“ほかの病院に行ってほしくない”という態度をとることもあります。

 また、大きな病院では院内の先生同士でディスカッションができるので、転院しなくても希望する治療法を別の先生が担当してくれる可能性があります。

 そのため、医師や病院を替えたいときは、『こういう理由でこの治療法を受けたいから、別の医師にお願いしたい』と正直に伝えるのがいちばんです」(小西さん)

 ストレートに話すのが難しいなら、環境を理由にするのもひとつの手だ。

「大きな病院では担当医の曜日や時間が決まっているので、『水曜日の通院が難しくなった』などと伝えれば、担当医を替えてもらえます。個人のクリニックなら『距離的に通うのがつらくなってきた』という言い訳をして、転院するのもアリです」(尾崎さん)

 精神科医の和田秀樹さんは、病院を替えることを必要以上に怖がる必要はないとアドバイスする。

「いい医師でも相性が悪い人は必ずいる。だから、自分の意見を伝えることを恐れないでほしい。

 入院中の転院は難しいものの、自主退院はできます。医師が最も恐れるのは患者から訴訟を起こされること。“何かあったら闘うぞ”という姿勢を持っておくことが、受けたくない医療から身を守るための防御手段になります」(和田さん)

治療の目的を自分で説明できるか

 不要な治療を断ることと同じくらい大切なのは、正しい情報を精査し、客観的に自分を見つめることだ。島根大学医学部附属病院 臨床研究センター教授の大野智さんが言う。

「最近はインターネットを見れば、不安になることもたくさん書かれています。他人の意見にまどわされずに、情報を取捨選択し、自分が何にいちばん困っているのかを考えてください。自分を冷静に、時として批判的に見ることです」(大野さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン