ライフ

「病院を替えたい」ときにすべきこと 和田秀樹氏「意見を伝えることを恐れないで」

病院を変えるには(写真/GettyImages)

病院を変えるには(写真/Getty Images)

 病気の治療で重要なのは医師とのコミュニケーション。もしも、医師が提示した治療や薬に納得がいかないという場合、その意見をしっかり伝えても受け入れてもらえないこともある、そんなときは、医師や病院そのものを替えることも視野に入れるべきだ。東京医療センター内科医長の尾藤誠司さんが言う。

「治療の変更や中止を依頼したときに、頭ごなしに怒る医師なら、替えた方がいい。反対に、何らかの選択肢を示してくれるなら、いい医師だといえます」

 別の病院に移るか検討する場合、セカンドオピニオンを取ることがあるが、それを嫌がる医師も替えた方がいいと東京医療保健大学副学長の小西敏郎さんは話す。

「特に外科医は、自分の手術でぜひ病気を治してあげたいという気持ちが強いあまりに“ほかの病院に行ってほしくない”という態度をとることもあります。

 また、大きな病院では院内の先生同士でディスカッションができるので、転院しなくても希望する治療法を別の先生が担当してくれる可能性があります。

 そのため、医師や病院を替えたいときは、『こういう理由でこの治療法を受けたいから、別の医師にお願いしたい』と正直に伝えるのがいちばんです」(小西さん)

 ストレートに話すのが難しいなら、環境を理由にするのもひとつの手だ。

「大きな病院では担当医の曜日や時間が決まっているので、『水曜日の通院が難しくなった』などと伝えれば、担当医を替えてもらえます。個人のクリニックなら『距離的に通うのがつらくなってきた』という言い訳をして、転院するのもアリです」(尾崎さん)

 精神科医の和田秀樹さんは、病院を替えることを必要以上に怖がる必要はないとアドバイスする。

「いい医師でも相性が悪い人は必ずいる。だから、自分の意見を伝えることを恐れないでほしい。

 入院中の転院は難しいものの、自主退院はできます。医師が最も恐れるのは患者から訴訟を起こされること。“何かあったら闘うぞ”という姿勢を持っておくことが、受けたくない医療から身を守るための防御手段になります」(和田さん)

治療の目的を自分で説明できるか

 不要な治療を断ることと同じくらい大切なのは、正しい情報を精査し、客観的に自分を見つめることだ。島根大学医学部附属病院 臨床研究センター教授の大野智さんが言う。

「最近はインターネットを見れば、不安になることもたくさん書かれています。他人の意見にまどわされずに、情報を取捨選択し、自分が何にいちばん困っているのかを考えてください。自分を冷静に、時として批判的に見ることです」(大野さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
『君の名は。』のプロデューサーだった伊藤耕一郎被告(SNSより)
《20人以上の少女が被害》不同意性交容疑の『君の名は。』プロデューサーが繰り返した買春の卑劣手口 「タワマン&スポーツカー」のド派手ライフ
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
生島ヒロシの次男・翔(写真左)が高橋一生にそっくりと話題に
《生島ヒロシは「“二生”だね」》次男・生島翔が高橋一生にそっくりと話題に 相撲観戦で間違われたことも、本人は直撃に「御結婚おめでとうございます!」 
NEWSポストセブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
綾瀬はるかが結婚に言及
綾瀬はるか 名著『愛するということ』を読み直し、「結婚って何なんでしょうね…」と呟く 思わぬ言葉に周囲ざわつく
女性セブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
やりたいことが見つかると周りがみえなくなるほど熱中するが熱しやすく冷めやすいことも明かした河合優実
大ブレイクの河合優実、ドラマ『RoOT/ルート』主演で感じる役柄との共通点「やりたいことが見つかると周りが見えなくほどのめり込む」
NEWSポストセブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン