スポーツ

追悼・門田博光さん「監督にならなかった名選手」が語っていた「野球指導は難しい」

現役時代は通算567本塁打を放った門田さん(撮影・杉原照夫)

現役時代は通算567本塁打を放った門田さん(撮影・杉原照夫)

 プロ野球の南海などで活躍し、40歳にして本塁打、打点王に輝いて「不惑の大砲」と呼ばれた門田博光さんが亡くなった。74歳だった。通算567本塁打、同1678打点はいずれも歴代3位の記録だが、引退後にプロ野球の世界で監督となることはなかった。しかしながら、現役選手の解説に際しては確かな“観察眼”を披露していた。

 プロ野球で第一線を張る選手たちをどう見ているのか、門田さんは本誌・週刊ポストの取材に何度も答えてくれていた。昨年の日本シリーズ終了後には史上最年少で三冠王に輝いた村上宗隆(ヤクルト)について、「ボクには村上がホームランバッターではなく、アベレージバッターに見えるんですよ」と語っていた。その理由について門田さんはこう続けたのだった。

「(頭から両足が)二等辺三角形で始まり、二等辺三角形で終わる。つまり軸足にはあまり体重を乗せず、体重移動をしないで打っている。これは安打製造機と呼ばれるようなバッターの打ち方なんですよね。我々が教わったのは軸足に体重を乗せ、インパクトの瞬間にパワーを全開させるために体重移動をして遠くへ飛ばそうとするやり方。軸足に体重を移すところからインパクトに向けて、出力を『弱』から『強』へと上げていくイメージです。村上はその『弱』がなくて、ゼロからいきなり『強』になる印象。若さと恵まれた肉体があるからできること」

 村上は昨年、シーズン56本塁打を放ち、王貞治さんの持つ日本選手最多記録(55本)を更新した。門田さんは1981年7月に当時の日本記録となる月間16本塁打を達成しているが、この記録もまた王さんの記録を塗り替えるものだった。その経験と重ね合わせながら、こんなふうに話していた。
 
「(村上が56本目を打つまでに時間がかかったのは)プレッシャーですよ。ボクも月間ホームラン記録の時は、大先輩の名前にこんなに気圧されるのか、報道にこんな重圧を感じるのか、と思った。村上も勉強したでしょうが、この先もいろんなことがある。それにどう立ち向かえるかでしょうね。

 来季以降は、史上最年少三冠王、日本選手最多の56本という看板を背負っていかないといけない。56本打ったことでみんなが意識する。打てないとマスコミが騒ぐだろうし、打席では勝負を避けられることが多くなる。勝負を避けられるようになると体が動き始め、スランプにつながる。それでも(打てるボールを)待たないといけない。その我慢ができるかでしょうね」

関連記事

トピックス

焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン