スポーツ

追悼・門田博光さん「監督にならなかった名選手」が語っていた「野球指導は難しい」

現役時代は通算567本塁打を放った門田さん(撮影・杉原照夫)

現役時代は通算567本塁打を放った門田さん(撮影・杉原照夫)

 プロ野球の南海などで活躍し、40歳にして本塁打、打点王に輝いて「不惑の大砲」と呼ばれた門田博光さんが亡くなった。74歳だった。通算567本塁打、同1678打点はいずれも歴代3位の記録だが、引退後にプロ野球の世界で監督となることはなかった。しかしながら、現役選手の解説に際しては確かな“観察眼”を披露していた。

 プロ野球で第一線を張る選手たちをどう見ているのか、門田さんは本誌・週刊ポストの取材に何度も答えてくれていた。昨年の日本シリーズ終了後には史上最年少で三冠王に輝いた村上宗隆(ヤクルト)について、「ボクには村上がホームランバッターではなく、アベレージバッターに見えるんですよ」と語っていた。その理由について門田さんはこう続けたのだった。

「(頭から両足が)二等辺三角形で始まり、二等辺三角形で終わる。つまり軸足にはあまり体重を乗せず、体重移動をしないで打っている。これは安打製造機と呼ばれるようなバッターの打ち方なんですよね。我々が教わったのは軸足に体重を乗せ、インパクトの瞬間にパワーを全開させるために体重移動をして遠くへ飛ばそうとするやり方。軸足に体重を移すところからインパクトに向けて、出力を『弱』から『強』へと上げていくイメージです。村上はその『弱』がなくて、ゼロからいきなり『強』になる印象。若さと恵まれた肉体があるからできること」

 村上は昨年、シーズン56本塁打を放ち、王貞治さんの持つ日本選手最多記録(55本)を更新した。門田さんは1981年7月に当時の日本記録となる月間16本塁打を達成しているが、この記録もまた王さんの記録を塗り替えるものだった。その経験と重ね合わせながら、こんなふうに話していた。
 
「(村上が56本目を打つまでに時間がかかったのは)プレッシャーですよ。ボクも月間ホームラン記録の時は、大先輩の名前にこんなに気圧されるのか、報道にこんな重圧を感じるのか、と思った。村上も勉強したでしょうが、この先もいろんなことがある。それにどう立ち向かえるかでしょうね。

 来季以降は、史上最年少三冠王、日本選手最多の56本という看板を背負っていかないといけない。56本打ったことでみんなが意識する。打てないとマスコミが騒ぐだろうし、打席では勝負を避けられることが多くなる。勝負を避けられるようになると体が動き始め、スランプにつながる。それでも(打てるボールを)待たないといけない。その我慢ができるかでしょうね」

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン