芸能

フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂

入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)

入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)

『ボクらの時代』(フジテレビ系、1月22日放送)での、同局の宮司愛海アナ(31)の告白が話題を呼んでいる。

「パンになれなかった……っていうのが、正直あって」
「キャラ付けという意味で、いろいろと仕事しやすくなるのかな、と思って。やっぱり意識していた。同期の男子も“誰がなるんだ?”みたいにはやし立ててきたし」

 フジでは高島彩アナ(43)の『アヤパン』や加藤綾子アナ(37)の『カトパン』など冠番組「パンシリーズ」に起用されることが人気アナへの登竜門とされてきたが、宮司アナもまたこの名前にとらわれていたと明かしたのだ。フジ関係者が語る。

「結果的に宮司アナの代はパンシリーズ自体がなく、2017年の『クジパン』(久慈暁子アナ)を最後に番組は放送されていませんが、彼女がパンの称号に執着していたというのは驚きましたね。どちらかという前に出て行くタイプではなく、勉強熱心でカメラの外で現場取材に熱を入れるアナでしたから」

 番組内で宮司アナは「自分のキャラ設定がわからなくて、入社して3~4年目ぐらいは勝手に苦しんでいた」とも告白。そんな彼女がいまや夕方の帯番組『Live News イット!』のMCを始め、局アナでは珍しい写真集を出版するなど、「盤石のエース」(前出・フジ関係者)と呼ばれるまでになった。なにが宮司アナを変えたのか。女子アナに詳しいライターの島本拓氏が語る。

「きっかけは2018年に夜のスポーツ帯番組『S-PARK』のMCに抜擢されたことでしょうね。それまでは器用貧乏というか、なまじ何でもできてしまうために強みが分かりづらかったのですが、スポーツキャスターの仕事と彼女の実直さがマッチした。球場に足繁く通ってノートを取る姿は、各紙の番記者たちも関心していたほどです。

 さらに東京五輪というビッグイベントを前に、様々な現場取材を重ねて、局内での地位を確固たるものにしました。その経験が現在の夕方のニュース番組に活きているように思います」

“みやパン”にならなかったからこそ手に入れた成功だった。

※週刊ポスト2023年2月10・17日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン