国内

スシローペロペロ騒動 少年は憔悴し自主退学 重罪か悪ふざけか、過剰な熱量への違和感

ぺろぺろ動画が撮影された岐阜県内の店舗

ぺろぺろ動画が撮影された岐阜県内の店舗

 ワイドショーやネットニュースを連日賑わせている、回転すしチェーンでの迷惑行為騒動。「食の安全神話」「日本人の国民性」「性善説」──そんなお題目が並ぶが、過剰な熱量に違和感を覚える人も少なくないようだ。

《テーブルに備え付けの食器や調味料の交換をご希望のお客様には新しいものをお持ち致します》。回転すしチェーン『スシロー』の岐阜正木店の入り口ドアには、そう書かれた真新しい紙が張り出されていた。店内に入ると、回転するレーンの上にあるのは、すしの写真やイラストをのせた皿。回ってくる新鮮なネタを眺めて「どれを食べようか」と吟味する回転すしの楽しみは消え去っていた──。

「#回転寿司テロ」。そんなハッシュタグをつけられたいたずら動画がSNS上で拡散し始めたのは、1月下旬だった。『はま寿司』では、レーンを流れるすしの1カンだけをつまんで食べる、ほかの客が注文したすしに勝手にわさびをのせるといった迷惑行為が行われていた。一度取ったすしを再びレーンに戻す動画は『くら寿司』で撮影されたものだ。

 挙げ句の果ては、冒頭のスシローだった。金髪の少年がしょうゆボトルの注ぎ口や未使用の湯飲みを舐め回して元の場所に戻し、回転レーン上のすしネタに唾液をつけた指で触れるといった行為が動画に収められていた。スシローは迷惑行為を受け、当該店舗のすべてのしょうゆボトルの入れ替えと、湯飲みの洗浄を余儀なくされた。動画拡散後、株価は160億円以上も下落。大損害だった。

 渦中の少年は、岐阜県内の公立高校に通う男子高校生だった。近隣住民によると「近所の畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」だという。

「普段は黒髪で、“冬休みの間だけハジけたい!”と両親の許可をもらって金髪にしていました。気が大きくなっていたんでしょうが、まさかその冬休みにあんな迷惑行為をしてしまうとは……」(前出・近隣住民)

 スシローの運営会社は、1月31日に警察に被害届を提出。さらに次の声明を発表した。

「迷惑行為を行った当事者と保護者から連絡があり、お会いして謝罪を受けましたが、当社としましては、引き続き刑事、民事の両面から厳正に対処してまいります」

 すでに「高校生の悪ふざけ」という範囲を逸脱してしまった。評論家の呉智英氏が分析する。

「当人は“悪さ自慢”の感覚でやったのでしょう。仲間内でふざけあっている分には拡散しないが、SNSに投稿すれば全世界に広がり、“消えない傷”として一生残る。何かというとネットに写真や意見をのせるけれど、その恐ろしさを理解できていない」

 スシローでの迷惑行為の動画は、その後もSNSにアップされ続けている。2月に入ってからは、席に備え付けの甘だれの容器にしょうゆを混入させる女性の動画が炎上している。迷惑行為自体、言語道断であることに変わりない。その上、SNSでの「いいね」を欲するがために余波を想像せずにSNSにアップしたのは、二重の意味で“バカ”だったのだろう。

関連記事

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン