国内

【政治部記者覆面座談会】変わらずオフレコ懇談応じる岸田首相長男に「怖さ理解してないのか」の声

いままで通り岸田翔太郎氏はオフレコ懇談に応じているという(時事通信フォト)

いままで通り岸田翔太郎氏はオフレコ懇談に応じているという(時事通信フォト)

 側近秘書官の差別発言が「オフレコ破り」され、外遊に同行した長男の「公用車で観光」が報じられ、日銀総裁人事はまさかの“誤報”も飛び出した。ドタバタ劇を繰り広げている岸田文雄・首相の周囲で、いったい何が起きているのか。そこで本誌・週刊ポストは官邸詰めや自民党担当の政治記者4人による、内側から見た「岸田政権の正体」についての覆面座談会を開催。発言者を特定されないために社名、担当部署は伏せるが、記者AとBはキャップクラスのベテラン、記者CとDは第一線の若手だ。【全4回の第3回。第1回から読む

 * * *
司会(編集部):記者とのオフレコ懇談でLGBTなど性的少数者や同性婚カップルをめぐり「隣に住んでいるのもちょっと嫌だ」などと発言した荒井勝喜・首相秘書官が更迭されたが、荒井氏は岸田首相の長男で総理外遊中に「公用車で観光」と報じられた翔太郎氏(首相秘書官)の指導係だったといわれている。

記者D:オフレコ事件後、一番いままで通りなのが翔太郎氏です。秘書官の中には記者の囲み取材を受けなくなった人も多いが、翔太郎氏は普通にオフレコ懇談に応じてくれる。神経が図太いのか、オフレコの怖さをいまいち理解していないのか。

記者A:父親に似て鈍いのかも。官邸には首相秘書官が8人いるが、荒井さんは嶋田隆・首席秘書官の部下で、いわば岸田直系官僚だった。更迭はダメージのはずだが、総理や官邸幹部たちは「素早く更迭し、LGBT法案も指示したことで火消しはうまくいった」と楽観視していた。

記者C:それでも、英国外遊中の翔太郎氏の行動が報じられた時は、総理は犯人捜しに躍起だったそうですね。昨年の暮れには、翔太郎氏が親しいテレビの女性記者に人事情報を流しているという話がパッと広がって、息子が狙い撃ちされていると疑っていた。真偽不明だが、情報源は安倍元首相に近かった記者とか、官邸中枢の1人だという説まであります。

記者D:翔太郎氏本人は、総理の側近から「こんなことまで叩かれて、翔太郎君は運が悪いよな」と慰められていた。ノリもよく飲み会にも頻繁に顔を出すタイプで、記者たちからすれば“いい奴”なんですが、世間からは総理が“税金で息子を養っている”と思われても仕方ないでしょうね。

司会:普通なら、政権の危機になれば官邸は結束する。岸田官邸はそうではないのか。

記者B:全然。いま官邸を仕切っているのは木原官房副長官と嶋田秘書官の2人。同じ政務の副長官でも、木原さんと参院の磯崎仁彦さんとでは情報量が全く違う。

 磯崎さんはあまり人付き合いしない人で、飲みにも行かずにすぐ家に帰るタイプ。木原さんはその正反対。首相の外遊時には、政務の2人の副長官が交互に同行するのが慣例だが、磯崎さんの順番でも、木原さんが「行きたい」と言って横取りするんだそう。安全保障担当の岸信夫・総理補佐官が議員辞職した時も、後任の補佐官を木原さんが兼務した。国会対応が役目の官房副長官と、政策スタッフ職の首相補佐官の兼務などポストにがめつすぎだと、岸田派内にもハレーションが起きている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

快進撃が続く大の里(時事通信フォト)
《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり
週刊ポスト
家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン