芸能

「安倍元首相に最も食い込んだ記者」元NHK・岩田明子氏 “三浦瑠麗氏の後釜”に浮上

「コメンテーター・岩田明子(中央)」の評価は?(『サンデージャポン』のTiwtterより)

「コメンテーター・岩田明子氏 」の評価は?(『サンデージャポン』のTwitterより)

 時の総理に寵愛された2人の女性の動向に注目が集まっている。国際政治学者の三浦瑠麗氏は、太陽光発電事業をめぐり夫が業務上横領容疑で逮捕されたことによって、コメンテーターとしてレギュラー出演していたテレビ番組からは姿を消している。その空いた席に座る存在として急浮上しているのが、元NHKのジャーナリストで“安倍元首相に最も食い込んだ記者”として知られる岩田明子氏だ。

 安倍元首相が亡くなった昨年7月にNHKを退職した岩田氏について、3月15日、大手芸能事務所「ホリプロ」に所属することを文春オンラインが報じた。すると3月17日、「今日が情報番組初出演となります」と紹介された岩田氏が『めざまし8』(フジテレビ系)に登場、3月19日には『サンデージャポン』(TBS系)に出演したのだ。キー局の政治部記者が語る。

「岩田氏と三浦氏はともに東大出身、安倍晋三・元首相に近かった女性論客で自民党人脈も豊富です。華やかなビジュアルも相まってテレビ番組の政治や国際情勢などについての解説で重用されてきました。

 NHKを退職した岩田氏の動向については密かに注目されていましたが、奇しくも三浦氏が事実上の降板をしているタイミングで民放デビュー。初出演となった『めざまし8』は三浦氏が木曜レギュラーを務めていた番組です。両番組とも岩田氏の出演は局の上層部が決めたそうで、共通点も多いだけに三浦氏の“後釜”に適任だと期待されているのでしょう」

 岩田氏が出演した『サンデージャポン』は、前日にスポーツ紙が「前参院議員でガーシー容疑者の今後について語る」と“告知”する手の込みようだった。事情を知るTBS局員はこう語る。

「『サンジャポ』出演についてはホリプロが間に入り、局の幹部が三顧の礼で出演させました。番宣もしかり、番組でも初登場の岩田氏を盛り立てること。安倍元首相関連を含め、岩田氏に不都合な質問はしないこと。MCの『爆笑問題』太田光が台本からそれて無茶な論争を仕掛けるといった暴走をさせないことなどを事前に取り決めたと聞いています」

コメンテーターとしての評価は分かれる

 花柄のワンピースにピンクのジャケットという春らしいファッションで出演した岩田氏は、安倍元首相の番記者時代の写真などを交えて紹介されると、野球の話を振られるのを遮って「その前に、呼んでいただいてすっごい嬉しかったんですけど、緊張しすぎちゃって目、血管切れちゃってて、ごめんなさ~い」「サンジャポが好きすぎて」と軽妙に語った。

 さらにWBCで始球式を務めた岸田文雄・首相について、ボールが大きく“右”に逸れたが、安倍元首相の時は大きく“左”に逸れ、小泉純一郎元首相は“真ん中”だったことが「私的にはツボ」という元政治部記者らしい解説を披露し、「うまいこと言いますね」と太田を唸らせた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
綾瀬はるか
《SixTONES ジェシーが真剣交際》綾瀬はるか「異例の事務所コメント」過去の熱愛報道と一線を画す理由 見えてきた“まっすぐ”な愛
NEWSポストセブン
綾瀬はるかとの熱愛が発覚したジェシー
《綾瀬はるかと真剣交際》SixTONESジェシー「プライベートはお任せください!」「ズドン」異例コメントに見えた「ファンへの思い」と「ユーモアたっぷりの誠実さ」
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン