芸能

「えっ、由来知ってる?」生放送で号泣『DayDay.』黒田みゆアナ 大ファン斉藤和義の「せっちゃん呼び」に驚きの声

3年目で大抜擢された日本テレビの黒田みゆアナ(写真は番組HPより)

3年目で大抜擢された日本テレビの黒田みゆアナ(写真は番組HPより)

 43日に放送が開始された情報番組『DayDay.』(日本テレビ系)。長年続いた『スッキリ』の後継番組で、MCは南海キャンディーズの山里亮太(45)と2月にNHKを退局したばかりの武田真一アナ(55)が務める。視聴者の注目度も高いようで、第1部(9:0010:25)の視聴率は世帯5.0%、個人2.6%で、『スッキリ』の同時間前4週より0.9ポイント上昇と「好調な滑り出し」を見せている。 

 日本テレビの番組関係者が言う。 

NHK出身の武田アナの“堅さ”がどう出るかというのが不安視されていましたが、今のところ評判は上々です。山里さんが上手くサポートすることで民放には珍しい初々しさが良いほうに捉えられているようですね。『スッキリ」の岩田絵里奈アナ(27)に代わって抜擢された3年目の黒田みゆアナ(24)もそつなくこなしてくれたのでホッとしているところです」 

  ただ、開始から4日目の放送となった46日、“事件”が起きた。黒田アナが生放送中に泣き出してしまったのだ。そのきっかけはゲストで生歌を披露した歌手・斉藤和義(56)の登場だった。 

「彼女は斉藤さんの大ファンだったらしく、最初のゲスト紹介のところから涙を堪えて喋っていました(笑)。小学生の頃、初めて行ったライブが斉藤さんのライブだったそうですから、感動して泣き出してしまうのも分からなくはない。どちらかというと、若手の割にしっかりしたタイプだったので素直な涙に好感を持った方もいたようです」(日テレ関係者) 

斉藤ファンからは“好評価” 

 黒田アナは近くで見た感想を「せっちゃんだ! と思って、びっくりしました」とファンの間での斉藤のニックネーム「せっちゃん」呼びで応え、斉藤も笑顔で受けとめていた。しかし、彼女のこの「せっちゃん」発言に番組を観ていた斉藤ファンは「腰を抜かした」という。40代の斉藤和義ファンの男性がこう明かす。 

「斉藤さんは大の下ネタ好きで知られています。この“せっちゃん”というあだ名の由来は、斉藤さんが大学時代、毎日のように『セックスしたい』と言い続けていたことで友人からそう呼ばれるようになったとご本人が明かしています。ファンからすれば微笑ましいエピソードではあるのですが、女性アナウンサーが放送でしかも朝の番組で“せっちゃん”と呼ばれていたので、勝手に“え、由来知ってるのかな”“あの子は大丈夫かな”とハラハラしてしまいました。涙を流すほど斉藤さんのファンということで、私は黒田アナの大ファンになってしまいました」 

 ファンゆえに思わず口に出てしまった「せっちゃん」呼び。斉藤ファンからは好意的に受け止められているようだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談【第13回】結婚30年、離婚を考えています。妻のいやな部分ばかり目につくようになってきた
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン