スポーツ

大谷翔平のストイックな食生活 おにぎりや唐揚げを見つめながら小声で「がまん」とつぶやく

大谷

大谷の「がまん」するストイックさ(写真/共同通信社)

 ふっくらとしたバンズに、手でちぎったシャキシャキレタスと新鮮なオニオン。噛めば噛むほど肉の旨みがにじみ出るビーフパテの上には、濃厚なとろ~りチーズがかけられて──アメリカ南西部を中心に300店以上を展開する『イン・アンド・アウト・バーガー』は、新鮮さと質の高さが人気のハンバーガーチェーンだ。この店の大ファンなのが、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平(28才)だ。

 冷凍の食材を使用せず、100%アメリカンビーフのパテにも保存料を使っていないため、オーダーを受けてから調理するこだわりよう。フレンチフライはコレステロールフリーの油で揚げるなど、アメリカ人の健康志向にもマッチ。行列のできる店として知られているが、日本未出店だ。

 4月2日(日本時間3日)、大谷はパテもチーズも2倍量の同店の人気メニュー「ダブル・ダブル」ハンバーガーにむさぼりついていた。敵地で行われたアスレチックス戦で今シーズン第1号ホームランを放ち、チームを快勝に導いた直後の豪快な食べっぷりだった。

 大谷といえば、徹底した栄養管理のもと、食事も緻密にコントロールしている印象が強い。その大谷が、まさかのハンバーガー?と思ってしまうが、地元のファンの間で大谷のハンバーガー好きは有名だという。

「昨年7月、オールスターゲームに出場した大谷選手は、報道陣からの“好きなアメリカンフードは?”という質問に『イン・アンド・アウト』と即答し爆笑を誘いました。“ショウヘイは食のセンスがいい”“同じものを食べているなんてうれしい”とファンは大喜びでした」(スポーツライター)

 快勝のご褒美だったのだろうか、大好きなハンバーガーを口に放り込み、次の遠征地・シアトルに向けて出発した大谷。翌3日(同4日)には、2試合連続となる2ランホームランを放ち、チームの3連勝に貢献した。

 WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の余韻は冷めない。それどころか、大会中よりもさらに大谷に注目が集まるばかりだ。

「ファッションから車、スキンケア、時計、彼女の話題まで、注目度はアイドル以上です。特にWBCが終わってから、侍ジャパンの選手やコーチたちが大谷選手のエピソードを語る機会が増えたので、ファンは興味津々です」(スポーツ紙記者)

 なかでも大谷の食事事情は話題を呼んだ。口火を切ったのは、中継ぎ投手として侍ジャパンを支えた宇田川優希(24才)だった。

《大谷さんの食事、すごかったです。試合前は、ご飯大盛りに、ゆで卵5、6個に、ブロッコリーとサラダだったので、何をおかずにして食べるんだろう?と思って。あとはパスタも塩で食べるという話をしていました》(『Number Web』)

 大谷の極端な食事メニューをそう明かした。

「ソースや調理法を変えればいろんな味のバリエーションを楽しめますが、その分脂質などの余計な栄養素を摂ってしまう恐れがある。その結果たどり着いたのが、パスタに塩をまぶしただけの“塩パスタ”だったようです。

 塩パスタには、侍ジャパンの別の選手もあぜんとして、“おいしくないでしょ”とツッコんだ選手もいたようですが、大谷選手は真顔で“おいしい”と答えていたようです。味気なく思ってしまいそうですが、大谷選手にとっては絶品なんでしょう」(別のスポーツ紙記者)

 もちろん偏食家というわけでも味オンチというわけでもない。食事会場では、おにぎりや唐揚げを見つめながらも、小さく「がまん」とつぶやいて離れていく大谷の姿が目撃されていた。実際、大の甘党でも知られ、3月から放映されている「雪肌精」のCMで「甘いものをなるべく食べないように『欲』と闘っています」と明かしていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン