芸能

高田文夫氏が語る親友・古今亭右朝 “幻の名人”は18歳で噺を200席カンペキにものにしていた

2001年に52歳という若さで早逝してしまった幻の名人・古今亭右朝(イラスト/佐野文二郎)

2001年に52歳という若さで亡くなった幻の名人・古今亭右朝(イラスト/佐野文二郎)

 放送作家、タレント、演芸評論家、そして立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、超満員のうちに終わった「立川流三人の会」と、早逝した天才落語家について綴る。

 * * *
 やっとだよ。WBCが14年ぶりでしょ。こっちは15年ぶりに開催。「立川流三人の会」。第2回が2008年、まだ師匠談志も元気な頃でした。高田“クリヤマ”監督としては「立川ジャパン」を揃えるのは大変でしたよ。

 クリヤマ同様、私の人柄・人徳で集まったのでしょうがあの景色を見て「あぁコロナも終わったな」と実感。浜町のあの明治座。3階まで超満員。仕方なく立見席も出したのですがそんなものでは追いつかない3人プラス私と談志の人気。昼夜2回公演とも立見となりました。明治座の方もしみじみと「ここ40年間ずっと立ちあって来て、こんなに昼夜入った公演は初めてです」としみじみ。客が集まるというのはいいものだ。我々は人に愛されるのが仕事だからネ。

 志の輔、談春、志らく。ここだけの話、本当に仲が悪くて、口をきくのも15年ぶり。それでも集まるとすぐにみんなでグチャグチャイチャイチャ。今年の11月で立川談志も十三回忌である。出番の前、プロデューサーである私は3人を集めて言いました。「立川談志……もう今日は憧れるのは止めましょう。闘うんです。倒しに行きましょう」。横で志らくが「もうとっくに倒れてます」だと。

 感動的な昼夜公演、無事開催されましたとまずご報告。次はWBCの年に東京ドームか。談志を忘れないで下さい。

 私の「供養」シリーズはまだ続く。昭和42(1967)年、江古田の日大芸術学部落語研究会。1年生同士で会ったのが高田と田島。この田島こそのちの古今亭右朝。2001年に52歳という若さで早逝してしまった幻の名人である。志ん朝門下だが、あの談志をして「右朝がそのうち天下をとるよ。あいつほどうまく喋れる奴ァいねぇ」。誰もが認めるうまさだった。

 なんせ、学生で18歳の時に会った時、噺を200席カンペキにものにしていた。4年間私と田島はいつもどこでも一緒にいた。田島が落語をマンツーマンでいつも教えてくれた。だから私の噺(1980年代立川藤志楼で大爆発)は本格的、本寸法。江戸前そのものなのだ。大学時代、噺を教わるかわりに私は酒・煙草と女を教えた。

 2001年4月、右朝他界。志ん朝師匠が葬儀委員長、私が副委員長だった。師よりも先に逝くのは“逆縁”といっていいことではない。その年の10月、師匠である名人古今亭志ん朝があとを追うように逝った。

「右朝ふたたび 二十三回忌追善の会」。5月8日下北沢・北沢タウンホール。私とオール日芸で志らく、一之輔、わさびが出演します。右朝のことも忘れないで下さい。

※週刊ポスト2023年4月21日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン