芸能

高田文夫氏が語る親友・古今亭右朝 “幻の名人”は18歳で噺を200席カンペキにものにしていた

2001年に52歳という若さで早逝してしまった幻の名人・古今亭右朝(イラスト/佐野文二郎)

2001年に52歳という若さで亡くなった幻の名人・古今亭右朝(イラスト/佐野文二郎)

 放送作家、タレント、演芸評論家、そして立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、超満員のうちに終わった「立川流三人の会」と、早逝した天才落語家について綴る。

 * * *
 やっとだよ。WBCが14年ぶりでしょ。こっちは15年ぶりに開催。「立川流三人の会」。第2回が2008年、まだ師匠談志も元気な頃でした。高田“クリヤマ”監督としては「立川ジャパン」を揃えるのは大変でしたよ。

 クリヤマ同様、私の人柄・人徳で集まったのでしょうがあの景色を見て「あぁコロナも終わったな」と実感。浜町のあの明治座。3階まで超満員。仕方なく立見席も出したのですがそんなものでは追いつかない3人プラス私と談志の人気。昼夜2回公演とも立見となりました。明治座の方もしみじみと「ここ40年間ずっと立ちあって来て、こんなに昼夜入った公演は初めてです」としみじみ。客が集まるというのはいいものだ。我々は人に愛されるのが仕事だからネ。

 志の輔、談春、志らく。ここだけの話、本当に仲が悪くて、口をきくのも15年ぶり。それでも集まるとすぐにみんなでグチャグチャイチャイチャ。今年の11月で立川談志も十三回忌である。出番の前、プロデューサーである私は3人を集めて言いました。「立川談志……もう今日は憧れるのは止めましょう。闘うんです。倒しに行きましょう」。横で志らくが「もうとっくに倒れてます」だと。

 感動的な昼夜公演、無事開催されましたとまずご報告。次はWBCの年に東京ドームか。談志を忘れないで下さい。

 私の「供養」シリーズはまだ続く。昭和42(1967)年、江古田の日大芸術学部落語研究会。1年生同士で会ったのが高田と田島。この田島こそのちの古今亭右朝。2001年に52歳という若さで早逝してしまった幻の名人である。志ん朝門下だが、あの談志をして「右朝がそのうち天下をとるよ。あいつほどうまく喋れる奴ァいねぇ」。誰もが認めるうまさだった。

 なんせ、学生で18歳の時に会った時、噺を200席カンペキにものにしていた。4年間私と田島はいつもどこでも一緒にいた。田島が落語をマンツーマンでいつも教えてくれた。だから私の噺(1980年代立川藤志楼で大爆発)は本格的、本寸法。江戸前そのものなのだ。大学時代、噺を教わるかわりに私は酒・煙草と女を教えた。

 2001年4月、右朝他界。志ん朝師匠が葬儀委員長、私が副委員長だった。師よりも先に逝くのは“逆縁”といっていいことではない。その年の10月、師匠である名人古今亭志ん朝があとを追うように逝った。

「右朝ふたたび 二十三回忌追善の会」。5月8日下北沢・北沢タウンホール。私とオール日芸で志らく、一之輔、わさびが出演します。右朝のことも忘れないで下さい。

※週刊ポスト2023年4月21日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
辛口評論家たちは今季の巨人をどう見ているか(阿部慎之助・監督)
江本孟紀氏が語る今季の巨人「阿部監督には派手さがない。それがいい」「もし優勝でもすれば、MVPは1年早く辞めた原前監督だと思いますね」
週刊ポスト
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン