スポーツ

羽生結弦、衝撃の肉体改造「胸板分厚く」「腕にはくっきり血管」 鍛え上げられた姿にファンもため息

筋肉が目立つ羽生結弦

現役時代よりもたくましくなった羽生

 数人のスタッフに囲まれて会場から出てきた羽生結弦(28才)の肉体は“現役”さながらに鍛え上げられていた。胸板は分厚く盛り上がり、腕にはくっきりと血管が浮き出ている。居合わせたファンからは「現役時代よりもマッチョになってるじゃん!」と歓喜のため息が漏れた──。

 3月30日に大阪でスタートした今年の「スターズ・オン・アイス」。全10日間の公演は4月9日に横浜でフィナーレを迎え、大盛況のうちに幕を閉じた。

「大阪、岩手とまわり、横浜が最終公演でした。横浜公演のチケットは最も高いシートだと3万円もするのに、4日間のチケットは即完売。いま話題のりくりゅうペアなど、日本のトップスケーターが参加していますが、なんといってもいちばん大きな歓声を集めたのは横浜公演のオープニングと大トリで登場した羽生さんでした」(スポーツジャーナリスト)

 羽生にとってプロ転向後初の参加となった「スターズ・オン・アイス」だが、そのプログラムも大きく注目された。

「今回、披露したのは2014-2015年シーズンのフリーで滑っていた『オペラ座の怪人』でした。このシーズンは、滑走前のウオームアップ中に起きた接触事故や右足首のけがなど、度重なるアクシデントに見舞われた年としてファンの間では有名。けがの影響もあり、プログラム構成の難易度を落とさざるを得なかったことが尾を引いているのか、現役中は封印されていた“因縁”のプログラムなんです」(スポーツ紙記者)

 このプログラムは2月の羽生のソロ公演「GIFT」で久しぶりに披露され、東京ドームで3万5000人の観衆を魅了したが、本人にとっては納得できるものではなかったようだ。実際、大阪公演後のインタビューでは、《(東京ドーム公演後)もっと完成させたものを、もっと体力のある状態で、皆さんにお届けしたいと考えて滑ることにした》と話している。

 華麗な衣装の下に引き締まった肉体美を持つ羽生だが、現役時代は意識的に筋肉を太くすることを避けていたという。最近でも、「ウエートトレーニングはやらない」と公言している。

「羽生さんはスケートに必要な筋肉は氷上で滑り込むことでしかつかないという考え方の持ち主。実際、フィギュアでは跳び上がるときよりも、氷に着地するときに筋力が必要なのですが、この筋肉はウエートトレーニングで鍛えることは難しいとされています」(前出・スポーツジャーナリスト)

 かつて前人未踏のジャンプに挑戦した際にはその肉体の変化を実感したという。

「平昌五輪後に本格的に4回転半ジャンプに取り組んだ当初は、かなり筋肉痛にもなっていたそうです。本人は『やっているうちに、遠心力や慣性を取り込むために必要な筋肉がだんだんとついてきた』と語っており、4回転半ジャンプに挑む過程で体重も増えたそうです」(前出・スポーツ紙記者)

 プロ転向後も羽生は4回転半ジャンプへの挑戦にこだわると公言してきた。いつかファンの前でこのジャンプを成功させるために、いまもハードな練習をこなしているのだろう。進化し続ける肉体美が何よりの証拠だ。

※女性セブン2023年4月27日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン