ライフ

“日本のすべての家にいる”4大カビ 温度約20〜30℃、湿度60%以上で垢や食べかすを栄養源に増殖

(写真/GettyImages)

カビが繁殖する時期が到来(写真/GettyImages)

 もういくつ寝ると、嫌でも迎えてしまう梅雨。この時期になると発生するカビは厄介な存在だ。

「そもそもカビは、きのこや酵母の仲間で、真菌と呼ばれる微生物の一群です。大きさは菌種によって異なりますが、2〜10マイクロメートル(1マイクロメートルは1mmの1000分の1)と目には見えないほど小さく、空気中や土壌など、さまざまな場所に生息しています。その種類は約10万種ともいわれています。

 種の役割をする胞子をまき散らし、定着した場所で糸のような菌糸をのばし、栄養や水分を吸収して増殖していきます」

 とは、千葉大学真菌医学研究センター准教授の矢口貴志さんだ(「」内以下同)。カビの胞子が定着し、増殖するには3つの条件があるという。

「それが、温度・湿度・栄養です。温度は約20〜30℃、湿度は60%以上、垢や食べ物のカスといった汚れがあれば、それを栄養源にして増殖します」

 まさに梅雨時期の室内は、カビの増殖にうってつけというわけだ。特にこれから紹介する4種のカビは、日本のすべての家にいると言っても過言ではないという。

ペニシリウム

ペニシリウム

●ペニシリウム
 パンや果物など主に食品に生える青カビの一種。抗生物質ペニシリンやチーズを作るものから、パツリンというカビ毒を作るものなど約150菌種もの仲間がいる。

エクソフィアラ

エクソフィアラ

●エクソフィアラ
 浴室の排水溝や床、小枝や植物のトゲなどについている黒カビの一種。傷口から体内に侵入すると炎症を起こすことがある。

アスペルギルス

アスペルギルス

●アスペルギルス
 別名コウジカビ。自然界で最もよく見られる。醸造に欠かせないものから発がん性のカビ毒を産生する菌種も。穀類やエアコンのフィルター、ほこりなどに生息。

クラドスポリウム

クラドスポリウム

●クラドスポリウム
 布団や冷蔵庫のパッキン、風呂場の壁などに見られる黒カビの一種。大量に吸い込むとぜんそくなどの呼吸器系アレルギーの原因に。

カビが生息しやすい場所

カビが生息しやすい場所

【プロフィール】
矢口貴志さん/千葉大学真菌医学研究センター准教授。カビ研究の第一人者。明治製菓での勤務を経て同センターに移り、生活環境における病原性があるカビを専門に研究。

取材・文/番匠郁 イラスト/こさかいずみ

※女性セブン2023年6月1日号

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン