国内

主語が「林真理子理事長」だからこそ注目を浴びる日大の“マッチョ体質” 改革への期待も高まる

今後、改革は進むか

今後、改革は進むか

 アメリカンフットボール部員の違法薬物問題で揺れる日本大学。林真理子理事長の対応や今後の改革への期待について、コラムニストで放送作家の山田美保子さんが綴る。

 * * *
 日本大学は8月10日、覚醒剤取締法違反(所持)と大麻取締法違反(所持)の疑いで部員が逮捕されたアメリカンフットボール部の無期限活動停止処分を同日付で解除。逮捕された部員1名のみを無期限活動停止処分とすると発表しました。

 5日に発表されていた「処分」は、わずか5日で「解除」。「個人」の犯罪を「連帯責任」とするのは、「競技に真剣に取り組んできた多くの学生の努力を無に帰する」「学生の成長を第一に願う教育機関として最善の措置ではないと判断した」とのことです。

 この発表に対しては「甘い」という批判が少なくないものの、一方で当初から「連帯責任は理不尽」という声もあったのです。私は後者だったのですが、アメリカンフットボールの関東学生連盟は日大を当面の間、「出場資格の停止」に。9月2日に予定されていた法政大学との関東大学リーグ1部上位「TOP8」開幕戦は中止となりました。

 いろいろとモヤモヤは残るものの、こうしたスポーツ紙の記事やニュースの主語がやっと「林真理子理事長」から「日本大学」に戻ってくれた……と安堵したのも事実。週末の情報番組ではまた、あらゆる方向から林さんに批判が集まってしまうのですが……。

 2022年、女性で初めて日本大学の理事長に就任した林真理子さん。日大の“マッチョな体質の改革”を挙げ、女性を積極的に登用されてきました。就任1年後の今年7月の会見では「6割の改革が進んだ」と報告した林さん。日大のジェンダーギャップの解消には特に積極的でいらして、全員男性だった(!)理事が、24人中8人の女性理事に代わったのです。外部からブレーンを積極的に採用していらしたし、秘書室職員による役員への“お茶くみ”を廃止に。女性職員に大不評だった和式トイレを洋式に“改革”したのも林さんでした。そんな矢先にアメフト部員が逮捕されてしまったのです。

 8日の会見で「6合目からかなり後ずさりしたという感は免れません。(中略)けれど、これを大きな契機と考え、ここで体力をつけて、また一気に7合目まで登っていきたいと思っております」と前向きに語った林さん……さすがだと思いました。

 ただし、学校運営ではない“競技スポーツ”には「遠慮があった」ともおっしゃっていましたね。理事長職にはあるけれど、権限が100%ではないということです。そんな林さんについて「お飾り」とか「蚊帳の外」と報じるメディアもありました。その大半は、いわゆる“おっさんメディア”です。私が読んだ夕刊タブロイド紙には、「素人」「何も期待していない」という“日大関係者”のコメントが記されていました。ほんと、イヤ〜な感じですよね。

関連キーワード

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
五輪出場権を逃したが、その無念を晴らす結果となった古江彩佳(時事通信フォト)
女子ゴルフ・古江彩佳、「メジャー制覇」を支えた“ゴルフ素人”の父 なぜ世界レベルの女子プロは「親の声」に耳を傾けるのか
週刊ポスト
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
登録者の平均年齢は約70才、最高齢は91才 マンション管理業務の委託・請負会社会長が語る“高齢者が働くことの意義”
登録者の平均年齢は約70才、最高齢は91才 マンション管理業務の委託・請負会社会長が語る“高齢者が働くことの意義”
マネーポストWEB