ライフ

【新刊】京都で起きる奇跡のファンタジー、万城目学氏『八月の御所グラウンド』など4冊

真冬の高校駅伝、真夏の草野球大会。京都ならではの極寒酷暑ファンタジー

真冬の高校駅伝、真夏の草野球大会。京都ならではの極寒酷暑ファンタジー

 猛烈な暑さが落ち着き、少しずつ秋の気配を感じられるようになった。秋といえば読書。おすすめの新刊を紹介する。

『八月の御所グラウンド』/万城目学/文藝春秋/1760円
 教授にどう泣きついて卒業するかは昔の大学生の一大課題。表題作で教授が「俺」の友人多聞に出した交換条件は草野球大会での優勝。多聞に脅され「俺」も野球チームのメンバーとなるが、強力な助っ人が現れ……。京都版「フィールド・オブ・ドリームス」にお盆の送り火の情緒が加わり、ファンタジーの奥から78年前の夏がニュッと顔を出す。祈りと鎮魂の部分を味読して。

息子をどうやって共感脳に育てたか。科学者ハハの長期戦略がためになる

息子をどうやって共感脳に育てたか。科学者ハハの長期戦略がためになる

『夫婦の壁』/黒川伊保子/小学館新書/1034円
 妻達が寄せたイラつく夫に関する29の相談事。著者は“分かるわ〜”と共感しつつ、“そうなるのはね”男脳の解説をして処方箋を示す。ちなみに脳に性差はないが、真っ先に働く神経回路が違いを生むのだとか。タスク達成型の男脳、共感重視の女脳。その溝をどうやって乗り越えるか。頼っておだてて夫をその気にさせる方法はユーモラス。夫婦の憂さを払う明るい一冊。

戦中派の老父、中年になった戦後の子供達。そんな昭和の家族が今も稼働中

戦中派の老父、中年になった戦後の子供達。そんな昭和の家族が今も稼働中

『じい散歩』/藤野千夜/双葉文庫/825円
 88にして健啖家で健脚の明石新平。糟糠の妻英子は87でボケ始めた。息子3人は全員独身で、長男は引きこもり、次男はスカートを常用、三男は懲りない借金魔。そんな今を新平の回想が追いかける。赤紙、家業を捨てた結婚、建設会社創業、放蕩三昧。病状が進む英子に対する次男の態度は、母子逆転の慈母のよう。崩壊途上の昭和の家族に彼(彼女?)がいてくれてよかった!

縁は異なもの味なもの。そう呟きたくなる恋のロンド

縁は異なもの味なもの。そう呟きたくなる恋のロンド

『血も涙もある』/山田詠美/新潮文庫/649円
 和泉桃子35才。「私の趣味は人の夫を寝盗ることです」と偽悪家ぶって言うけれど、俗人のウケを狙っただけ。人気料理研究家・沢口喜久江の助手である桃子は、先生の10才下の夫でイラストレーターの太郎と恋に落ちる。小説は3人が交互の語り手となって進む。喜久江の包容力、太郎の芸術家気質、桃子の純な奔放。その光と影が相互に作用して迎える着地に思わずニッコリ。

文/温水ゆかり

※女性セブン2023年9月28日号

関連記事

トピックス

田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
この国の食卓は「偽物」だらけで埋め尽くされてしまうかもしれない(写真/PIXTA)
牛肉、うなぎ、あさり、鶏肉など…繰り返される「産地偽装」「産地ロンダリング」のカラクリ
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン