芸能

IKKO、激やせ重病説に独占反論「体重はそんなに減ってはいないのよ」 視聴者が騙された“やせメイク”解説

2020年6月。顔回りが確かにシュッとした

激やせ重病説に反論したIKKO(写真は2020年6月)

「どんだけ~!」──番組放送中から、視聴者の間では変貌ぶりに驚く声が上がった。10月17日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)に出演したIKKO(61才)が、これまでのふっくらとした顔立ちから一転した姿を見せたのだ。

 顎はシャープになり、上着から伸びた首もすっきり。ひと回りもふた回りも細くなった姿に、SNSには「重病なのでは?」と体調を心配する声が上がったほど。IKKOを知るテレビ局関係者も首をかしげる。

「IKKOさんは、今年の7月頃から見るからにやせ始めていました。何かの病気でないといいのですが……」

 そんな不穏な声はどんどん大きくなり、放送翌日にはネットニュースで「IKKO激やせ」と報じられた。

「IKKOさんの元には、仕事関係者から友人まで、体調を心配する連絡が次々と入り、説明が追いつかないほどだったようです」(IKKOの知人)

 あまりの騒動に20日、IKKOは自身のインスタグラムを更新。

《激痩せ!?って、ありがたいかぎりですが、(中略)健康的な問題はありません》

 と、重病説を否定した。一体、この“激やせ”ぶりにはどんな背景があるのか。本人を直撃すると、困惑しながらこう答えた。

「実は体重はそんなに減ってはいないのよ(笑い)。3年ほど前からウオーキングを始めたけど……60才を過ぎているから、ダイエットをしても簡単にはやせられなくてね。だけど太ったまま『美容家』を名乗るのもどうかと思って、同時にメイクや着こなしの研究も始めたの。

 最近は、胸元からお腹回りまでをカバーできるコルセット状になっている洋服を着て、きゅっと締め上げているの。さらにウイッグもセミロングのものに変えて、首やフェイスラインといった気になる部分は隠してる。『仰天ニュース』の収録のときは、衣装もメイクも最高の仕上がりでした(笑い)。やせたというよりは、『見せ方上手』になったのかも」(IKKO・以下同)

 つまり、テレビでの“激やせ”ぶりは、カリスマ美容家としての技術が光った結果だという。そしてIKKOは「特別ですよ……」と、多くの視聴者を騙した「やせメイク」の一部を披露してくれた。

「耳の下から顎にかけての下顎骨に、肌より濃い色でシェーディング(ファンデーション後に、鼻筋やおでこ、フェイスラインなどに立体感や陰影を作り出して、顔を小さく見せるメイク法)を細く入れていきます。次に、影を入れた下顎骨の両サイドに、肌より明るめの色でハイライトを入れ、シェーディングをサンドすると、輪郭がくっきりして、フェイスラインがすっきりしたように見えるのよ」

 さらにこんな裏技も。

「サージカルテープという医療用のテープを頬骨のところ、耳の前辺りに貼って、リフトアップしています。ただし、私が使用しているのは収録時の数時間だけ。どうしてもテープが肌を傷めてしまうので、使用後はクリームで保湿をするなど、きちんとケアした方がいいですね」

 最後に、改めて今回の「激やせ騒動」について、IKKOはこう語る。

「美しく見せる努力は積み重ねているので、『やせたんじゃない?』『きれいになったんじゃない?』と言ってもらえたのはすご?くうれしい。人は努力した分だけきれいになるのよ」

 視聴者からの反応を、「おどろき~!」と一蹴しそうなほど溌剌とした態度で直撃に答えたIKKOは、これからも美の第一線を走り続ける。

※女性セブン2023年11月9日号

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン