芸能

《哀悼秘話》もんたよしのりさん逝去 西城秀樹さんと固く結ばれた友情「ギャランドゥってなんだ?」

もんたよしのりさん

亡くなったもんたよしのりさんの西城秀樹さんとの友情が注目されている

 10月18日、シンガーソングライターのもんたよしのりさんが大阪の自宅で大動脈解離のために亡くなった。享年72。親族だけで葬儀を済ませた後、訃報は10月22日に公式ブログを通じて公表された。

「朝方、自宅のトイレで意識を失っているところを発見され、病院に搬送された後で息を引き取ったそうです。今年8月に神戸で約4年ぶりのライブを行い、9月下旬にもNHKの音楽番組『うたコン』に生出演したばかりでした。直前まで体調の異変などは見られなかったそうで、所属事務所も《あんなに元気でいつもパワフルだったもんたが、天国へ向かうなんて、今もまだ信じられない気持ちでいっぱいです》とコメントしています」(スポーツ紙記者)

『うたコン』は久々に出演した歌番組で、もんたさんは自身の最大のヒット曲『ダンシング・オールナイト』と、西城秀樹さんに提供した『ギャランドゥ』を熱唱。SNSのトレンドに入るほど注目されたことに感激し、ブログに《こんなご褒美もらえるねんなぁ~! 又、がんばろうと素直に思える。みんなに感謝です。ありがとう!》と綴っていた。

 今後の活動を《ミュージシャン人生の最終章》と位置づけていたもんたさんにとっては、音楽をやることこそがいちばんの“栄養剤”だった。インタビューでも《新しい自分が出来上がってきた。今、ものすごいフレッシュやねん》(『神戸新聞NEXT』7月28日付)と語り、ファンに自身の生き様を見てほしいと呼びかけていたという。

「2018年5月に旧知の西城秀樹さんが亡くなったとき、大きなショックを受けたもんたさんはブログに《一つの時代の終わりを感じます》と記していました。1983年に発表された秀樹さんの代表曲『ギャランドゥ』はもんたさんが作詞と作曲を手がけた作品です。

 所属事務所を独立した秀樹さんが、友人のもんたさんに『一発目の曲を書いてほしい』と依頼し、秀樹さんの自宅で朝までかかって書き上げたのだとか。出来上がった歌を聴いた秀樹さんは『ギャランドゥって何だ?』と、不思議に思ったそうですが曲は大ヒットを記録し、その年の日本レコード大賞で金賞を受賞しました」(レコード会社関係者)

 西城さんは後に、コラムでこう振り返っている。

《後ろ盾がなくなって誰も寄ってこないときに、「やあやあ」って遊びにきてくれたもんたよしのりには本当に感謝している。独立後の最初のヒットだったしね》(『週刊朝日』2008年11月7日号)

 10月26日発売の『女性セブン』では、闘病中だった西城さんがもんたさんに語った心境、もんたさんの知られざる闘病秘話などについて詳報している。

関連キーワード

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
笹山なつき容疑者(21)
《プライベートでも悩み》園児切りつけ21才保育士、「明るく元気で弟思い」の彼女が“病み”投稿連発で凶行に至った「家族を支えなきゃ」のプレッシャー
NEWSポストセブン
森香澄
森香澄、高度に作り込まれた“あざといキャラ”でバラエティー評価上昇中 妨げになるのはリアルな“熱愛発覚”
NEWSポストセブン
被害者の平澤俊乃さん、和久井学容疑者
【新宿タワマン刺殺】和久井学被告が接近禁止命令の後も続けていた「ネット・ストーキング」 被害者女性のライブ配信での一言で殺害決意か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン