芸能

【全文公開】西川史子、今年6月に脳出血再発で懸命なリハビリの日々 父が語る現在の状態

懸命なリハビリが続く西川史子

懸命なリハビリが続く西川史子

 数年前まで、バラエティー番組に欠かせない存在だった西川史子(52才)がお茶の間に姿を見せなくなって久しい。医師という職業を生かしながら毒舌でならしていた彼女が、第二の人生を歩もうとしていた矢先に立ちはだかった高い壁は──。

「奇跡の病院」と呼ばれることもあるその施設には、明るく広々とした廊下が広がり、アート作品がいくつも展示されている。ふと目をやると視界に入る風流な光景に、入院患者らは口元を緩ませる。

 ここは「寝たきりにさせない」をモットーにする回復期リハビリテーションの専門病院である。これまで数多くの著名人を“再生”させたその病院で現在、必死にリハビリに励んでいるのが、医師でタレントの西川史子だ。

「西川さんがここに入院してから約半年が経ちました。この間SNSはストップしてしまっていますが、食欲もあり、お話も楽しそうにしていて元気です。ただ、かなりおやせになりました。もともとふくよかとは言えない体形でしたけど、お見舞いに来るかたがびっくりされることも多いようです」(西川の知人)

 時には毒舌とも言える発言で世間を賑わせながらも、常に独自の視点を持ち合わせていた西川。すっかり表舞台から姿を消した美人女医に何が起こったのか──。

 入院を余儀なくされたのは、立っているだけでも汗ばむ今年の初夏のことだった。前出の西川の知人が語る。

「自宅で倒れていたところを関係者が発見して病院に搬送されました。彼女は一昨年も同様に救急搬送されましたが、どうやら同じ病気が再発してしまったようです」

 2021年8月、彼女が脳出血で倒れたのも同じく自宅だった。

「勤務先の病院に出勤せず、連絡が取れなかったのでマネジャーが警察の立ち合いのもと自宅に入ると、リビングで倒れている西川さんを発見した。そのときは入浴後に異変を感じ、立てなくなったとのこと。病名は『右脳内出血』で、5時間に及ぶ緊急手術を受けました」(芸能関係者)

 くどうちあき脳神経外科クリニック院長の工藤千秋医師が解説する。

「脳出血は脳の血管が破れて出血する病気で、基本的に生活習慣病などで動脈硬化が進んだ人に生じやすい。また、一部には生まれつきなりやすい体質の人もいます。出血量が多い場合は西川さんのように緊急手術を行っても、術後に手足が動きづらくなったり、呂律が回りにくいなどの後遺症が出ることがあります。通常、手術後は数か月程度のリハビリが必要です」

 西川の緊急手術は成功に終わったが、入院は4か月に及んだ。彼女は2021年12月に更新したインスタグラムで長期にわたる入院生活を終えて退院したことを報告し、後遺症についてこう述べた。

《左半身の麻痺はまだ完全によくなってはいません。当初はほとんど動かなかったのですが、リハビリによって身の回りのことは自分でできるようになりました。まだまだ不自由はありますが、今の自分の身体をしっかりと受け止め、医師として向き合いながらさらに身体機能の向上を目指してまいります》

 退院後も「不自由」な生活が続き、それは西川を打ちのめした。前出の西川の知人が語る。

「左半身に麻痺が残ったことで日常生活に支障が出るようになりました。たとえば、洋服をひとりで着るのも時間がかかってしまうし、軽いものを持ち上げることも難しくなった。日によっては歩行がままならないときもありました。

 病気になるまでは、バリバリと仕事をこなしながら、気が向けば豪快にショッピングを楽しみ、連日パーティーや会食をこなすという華やかな生活を送っていた彼女にとっては本当につらい日々が続き、神様に『これ以上私をいじめないでください』と何度もお願いしたそうです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン