国内

「週刊ポスト」本日発売! 官房機密費「五輪招致に使った」衝撃証言ほか

 12月4日発売の「週刊ポスト」は、日本を揺るがす重大ニュースの裏を暴くスクープ号。馳浩・石川県知事の発言に端を発した「東京五輪、IOC委員への贈賄疑惑」で、ついに焦点の官房機密費の実態を知る政府元首脳が「五輪に使った」と証言した。三井住友FG社長の急逝を招いたすい臓がんについては、その恐ろしさを医師や経験者が語る。前号スクープで醜聞にまみれた「泥酔キス代議士」には新たに公選法違反疑惑が……。ほか、「4億円国際ロマンス詐欺」被告の告白、新NISAの活用術、文壇の巨星・伊集院静氏の追悼特集など必読の一冊です。

今週の見どころ読みどころ

◆河村建夫・元官房長官「馳浩くん、なぜ機密費五輪招致の発言を撤回するのか」
年間約10億円に達する官房機密費は領収証も要らない政権の「つかみ金」だ。その使途を巡ってはこれまでも多くの疑惑が指摘されてきた。今回、馳知事の“失言”で明かされた五輪招致の贈賄疑惑について、かつて機密費を差配していた河村氏が重大な証言をした。同氏によれば、五輪招致のために馳氏とハンガリーに行き、IOC委員を招いたコンサートを開催したという。その費用について「今思えば機密費から出たのだろう」と語った。前言を翻した馳氏には、「政治家の発言は重い。撤回は取るべき態度ではない」と苦言を呈した。
本誌ではさらに、過去の機密費のデタラメな使い途について、他メディアに先駆けて独走追及してきた記録を公開する。

◆楽天「安楽パワハラ事件」が「球団のスクープつぶし」新疑惑に発展
この問題は各スポーツ紙が横並びに同時刻に報じて発覚したが、そのなかで唯一、田中将大の関与に触れたスポーツ報知の記事は、その後修正された。楽天球団がHPで「一部選手の掲載もあり誤解を生むような報道もなされており……」と警告していたことから、球団による圧力も取り沙汰される事態となった。報知と楽天はどう答えたか。

◆NHK「夜9時50分の恋人」人気アナが極秘結婚していた
高知放送局から異例のスピード出世を果たした吉岡真央アナは「ニュースウオッチ9」のスポーツコーナーを担当して人気もうなぎ上りだ。実はその吉岡アナ、東京進出の前に結婚していたのだという。本人を直撃すると、「ふふ、すいません。何も言えないもので」と言葉を濁しつつ笑顔で立ち去った。そのお相手とは?

◆<追悼グラビア>伊集院静「なぎさホテルと夏目雅子」
多くのファンに惜しまれつつ亡くなった作家・伊集院静氏とともに世界を飛び回ってきた本誌編集部には、数十年にわたる膨大な記録が残された。作家、作詞家としての偉業はもちろん、国民的女優との結婚やヤンキース・松井秀喜との交流、世界の美術をめぐる旅など、貴重な思い出をカラーグラビアで振り返る。

◆<徹底追及>日本をダメにする世襲政治家の「あやしいカネ」
世襲政治家の多くは、生まれた時から「センセイのご子息(ご令嬢)」として周囲からちやほやされて育つ。政治家になるために必須とされる「地盤」「看板(知名度)」「かばん(政治資金)」も親から受け継ぐから苦労もなく議員バッジをつけられる。だからなのか、カネにまつわるスキャンダルも後を絶たない。前号で「泥酔キス事件」をスクープした山口晋・代議士に、今度は公選法違反疑惑が浮上した。さらに、「女性登用」の象徴とされた世襲3大臣はいずれも政治資金の問題を抱えていた。そして、岸田首相、麻生副総裁、二階元幹事長、岸元防衛相など自民党大幹部の世襲にも怪しい動きが……。

◆長嶋茂雄 1年8か月ぶりの東京ドーム「勝つ、勝つ、勝~つ!」の感動秘話
昨年9月に脳内出血で緊急搬送されて以来、表舞台から遠のいていた長嶋氏が11月23日のファン感謝イベントに姿を見せた。関係者によれば医師らは退院や外出に難色を示していたとされるが、阿部慎之助・新監督は長嶋氏が監督最終年に抜擢した最後の秘蔵っ子だけに居ても立っても居られなかったのだろう。阿部巨人に託す長嶋氏の思いを追った。

◆4億円「国際ロマンス詐欺」被告が語った「手数料10%」と「主犯ガーナ人」
日本人男女65人が被害にあった国際ロマンス詐欺事件で逮捕・起訴された被告が、ノンフィクションライター・水谷竹秀氏に対して、拘置所での17回の面会と16通の手紙で詐欺グループの実態を明かした。拠点となったガーナで「サカワボーイ」と呼ばれる“恋人役”たちと日本人被害者のカネのやり取り、そこから被告にわたった手数料、さらにアメリカに逃亡した主犯格との関係など驚くべき証言が相次いだ。

◆「まさにこれから」だったSMFG社長を襲ったすい臓がんの「かすかな兆候」
急逝した三井住友FGの太田純・社長は65歳だった。巨大グループのトップとして、もちろん万全の健康管理、検査をしてきたはずなのに早期発見は叶わなかった。同社への取材では、11月中旬にはまだ業務執行できる体調だったというから最期の日々は劇的だったことがわかる。同じ病気で闘病中の映画プロデューサー・叶井俊太郎氏を支える妻の漫画家・倉田真由美氏の証言も含め、「暗黒の臓器」の異変を見逃さないための鉄則を探る。
本誌ではあわせて、養老孟司氏やその道の第一人者である医師たちの警告で「健康診断の嘘」を検証した。

◆<年忘れグラフ>大谷翔平と藤井聡太「圧巻の1年」をプレイバック
前人未到の偉業を達成した二人の若者の軌跡をカラーで振り返る。話題を集めた「大谷の犬」、羽生善治・九段との「新旧天才ツーショット」も。

◆年内の万全準備と節税「三種の神器」で納税を100万円「還元」させる!
前号で大反響を呼んだ「納税をぎりぎりまで減らす」テクニックの続編。来年始まる新NISA、そしてiDeCo、ふるさと納税を使い倒すことで“100万円減税”を目指すノウハウを発見した。

◆「10億円当せん」の準備はOK? 宝くじ長者だけが読める「非売本」を公開する
年末ジャンボが発売され、今年は23人の「10億円長者」が生まれる可能性がある。宝くじファンはご存じと思うが、1000万円以上の高額当せん者だけに渡される『「その日」から読む本』という冊子がある。幸運が不幸に変わらないよう、過去の当せん者の成功と失敗から教訓をまとめたものだ。非売品の同書を入手した。「当せん証明書の発行」「自分は自分だと心得よ」「何のためにお金を残すか」など、納得の金言が並ぶ。

※全国の書店、コンビニで絶賛発売中!

関連記事

トピックス

結婚の報道が世界中で注目された大谷翔平
《新婚生活の行方》大谷翔平、現実的には難しい「妻をずっと隠す」、“表に出ざるを得ない”アメリカ特有の事情も
NEWSポストセブン
結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン