国内

岸田内閣“世襲女性大臣”は政治資金問題だらけ 加藤鮎子氏は母に家賃、自見英子氏は父に献金、土屋品子氏は家政婦を第一秘書に

世襲の3議員に政治資金問題が浮上

世襲の3議員に政治資金問題が浮上

 世襲政治家が多すぎる─―叩き上げの野田佳彦・元首相が国会で「ルパンだって三世まで」と批判して話題となったが、岸田文雄・首相をはじめ閣僚の約半数が世襲だ。

 岸田首相が「女性登用」を強調した5人の女性閣僚のうち、3人は父も大臣を務めた“世襲大臣”だ。その政界のプリンセスたちが次々とカネの問題で炎上している。

 まずは2児の母で「こども政策」を担当する加藤鮎子・少子化相だ。父は官房長官などを務めた紘一氏、祖父の精三氏も代議士という3世議員だが、政治資金で地元・山形県鶴岡市の事務所の家賃として実母に毎月15万円を支払い続けていることが問題化した。

 加藤氏の地元事務所は祖父の名を冠した「精三会館」という地上2階建ての建物で、もとは父が所有し、父の死後は母名義となっている。加藤家が受け継いできた不動産だけに、「家賃名目で政治資金を母親に還流しているのではないか」と指摘されている。賃料が相場より高い場合、公選法で禁じられている寄附に該当する可能性もある。

 だが、加藤氏は会見で「15万円は相場の最低ラインだ。複数の不動産関係の方々からいただいた情報をもとに設定した」と言い張った。地元支援者が語る。

「代々、多額の政治献金を集めてきた世襲政治家は、政治資金と自分のお金の区別が曖昧になってくるんじゃないか」

 その加藤氏がこども担当大臣として打ち出したのが、保育所や幼稚園、認定こども園に通っていない2歳までの乳幼児を、1か月10時間を上限に無償で預かる「こども誰でも通園制度」だ。

 しかしこの制度は、子育て世代から「週1で利用すると2時間半。そんな短時間では何もできない」と批判を浴びている。世襲議員の“世間知らず”ぶりが政策にも反映されたようだ。

娘への献金で父が活動

 大阪万博の高額建設費をめぐって国会で矢面に立たされている自見英子・万博担当相も政治資金を父に“仕送り”していた。

 自見氏の父は郵政大臣や金融担当相を歴任した庄三郎氏。医師会をバックにした自民党厚労族の大物として知られたが、2013年に引退。入れ替わるように娘の自見氏が2016年参院選(比例区)で日本医師会の“お抱え議員”として当選した。

 医師会をバックにしているだけに、自見氏は自民党でも有数の資金力を誇る。改選された2022年だけで、日本医師会の政治団体「日本医師連盟」や全国各地の医師連盟など医療関係団体から約2億円もの寄附を受けた。

 しかも、その豊富な資金を父の政治団体に寄附しているのだ。自見氏の資金管理団体「ひまわり会」の政治資金収支報告書によると、庄三郎氏が引退後も代表を務める政治団体「庄政会」に2021年に400万円、2022年に450万円を寄附している。

 奇妙なことに、この庄政会は北九州市の自見氏の地元事務所と同じ所在地に置かれており、地元関係者は「自見事務所には父の庄三郎さん専属の秘書がいて、お世話している。お父さんも一緒にいます」というから、自見事務所と一体のようだ。

 庄政会の政治資金収支報告書(2022年度)を詳しく見ると、収入は地元の医師などの寄附が60万円あるものの、大半は娘の資金管理団体からの寄附だ。そのカネで地元のホテル代(7万円)やライオンズクラブの会費を支払い、娘の事務所に“同居”しているのに事務所費も約270万円支出していた。他の政治団体への寄附もしている。

 引退した庄三郎氏の資金パイプが細り、娘が医師連盟などから得た献金を父の政治団体に“還流”させて面倒を見ているという構図が浮かぶのだ。

 議員を引退した父の政治団体への寄附は、“仕送り”ではないか。自見氏は事務所を通じてこう答えた。

「庄政会には、ひまわり会の政治活動を支援していただいていることから、財政的支援をしている」

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン