芸能

相葉雅紀「高級レストランで1才息子が号泣」の大ピンチ 周囲に頭を下げながら外に出て子をあやすファインプレー

息子は二宮和也(40才)の第2子と同級生の相葉雅紀

相葉の息子は二宮和也(40才)の第2子と同級生

 高級レストランで、ベビーカーに乗ったわが子が大泣きしてしまったら──ベビーカーでの入店を禁止するレストランもある昨今、親としては肝が冷える思いだろう。11月下旬、都内の路地裏にひっそりとたたずむ高級レストランで、まさにそのような“大ピンチ”に見舞われたのが相葉雅紀(40才)だった。

 力の限り大声で泣く、1才を迎えたばかりの息子。黒いハンチング帽に黒いセーターとカーキのワイドパンツを合わせた「お父さん」と、ワンレンの黒髪セミロング、白いセーターにデニムという格好の「お母さん」が、代わる代わるあやすために外に出る。泣き疲れた子供は満足したのか、ベビーカーのなかですやすやと寝始めた。

「いやぁ驚きましたよ。大変そうだなと思ってふと見たら、あやしていたのは嵐の相葉雅紀さんだったんですから」(居合わせた客)

 相葉は2021年9月、関西出身で1学年上の女性と10年間に及ぶ交際を実らせて結婚し、2022年10月に第1子となる長男の誕生を発表した。当時、相葉は「新しい家族が増えた喜びと共に、無事に生まれてきてくれた事に感謝しています」と喜びのコメントを残している。

 性加害問題で旧ジャニーズ事務所に強い逆風が吹くなかでも、2023年、相葉はレギュラー番組を新たに2本スタート。現在はドラマ『今日からヒットマン』(フジテレビ系)で主演を務める。同作は同タイトルのコミックが原作で、平凡な男性が妻と子供を守るため、サラリーマンと殺し屋の二重生活を送るというストーリーだ。

「何があっても家族を守り抜くという主人公の覚悟に、相葉さんは強く共感を覚えているそうです。実は、主人公に子供がいるという設定はドラマオリジナル。何を捨てても守るべき妻子がいるという境遇は自らと重なりますから、つい感情移入しちゃうんでしょうね」(ドラマ関係者)

 多忙を極める相葉が、つかの間の一家団らんを楽しんだのが、冒頭のレストランだ。前出の居合わせた客が目撃したのは、相葉の“ファインプレー”だった。

「相葉さん一家は、一般客に溶け込み、ごく自然に食事をしていました。息子さんは、海外セレブ御用達のストリートブランドを着ていて、ご両親に似て愛くるしいお顔立ちでしたよ。ギャン泣きのような状態が続くと、相葉さんは周囲に『すみません』と頭を下げながら席を立って外に出て、奥様と交代で息子さんをあやしていました。

 いまは子供が暴れても何食わぬ顔の親御さんも多いですが、相葉さん夫婦はしっかりと周囲に配慮を見せながら息子さんをなだめていて、むしろその様子が微笑ましかったです」

 レストランからの帰り道、相葉は泣き疲れて眠る息子をベビーカーに乗せるのではなく、宝物のように抱っこしながら歩いていたという。家族を守るよき父親ぶりはドラマでもプライベートでも変わらないようだ。

※女性セブン2024年1月1日号

関連記事

トピックス

結婚の報道が世界中で注目された大谷翔平
《新婚生活の行方》大谷翔平、現実的には難しい「妻をずっと隠す」、“表に出ざるを得ない”アメリカ特有の事情も
NEWSポストセブン
結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン