芸能

【堂々闊歩】女優・森公美子 ネット上で吹き荒れた「死亡説」吹き飛ばす黒タイトワンピ姿 

森久美子

森久美子

〈舞台って、お客さまがつくるんですよ。お客さまがいて、ミュージカルならオーケストラがいて、演者がいて、それらが1つになる瞬間がある。リモートじゃだめなんです。お客さまが目の前にいるのといないのとでは全然違う。やっぱり舞台の空気を、声を、直に届けたいし、心に残る何かを持ち帰ってほしい。そうじゃなきゃいけないだろうと、すごく思っているんです〉

 金融広報中央委員会発行の広報誌「くらし塾 きんゆう塾」(vol.66 2023年秋号)でそう熱く語っていた女優の森公美子(64才)にとって、コロナ禍による規制が大幅に緩和された2023年の舞台は格別なものだったかもしれない。

 10月上旬、ミュージカル『チャーリーとチョコレート工場』に出演した森は、ボディラインがくっきりと見える黒のタイトワンピース姿で帰路についた。すでに還暦を過ぎて4年が経つにもかかわらず、全く変わらない迫力のパフォーマンスで観客を魅了。“演劇界の鉄人”ともいうべき活躍である。

 本人は至って絶好調だが、なぜか今年の夏、ネット上では「死亡説」「両足断裂」などのうわさが流布されていた。

「舞台のけいこ中に、『また私の死亡説が出てるわ~』とボヤいていらっしゃいました。ご本人は、“定期的に流れるうわさなの。過去にも何度もあって……”と説明されていました」(演劇関係者)

 繰り返される「死亡説」には森も辟易しているようで、9月12日、公式インスタグラムで、自身のフェイクニュースを掲載しているサイトに触れ、本人自ら注意喚起を促している。

〈死亡説が出たり、両足断裂何だ? 中身は、主人の事故の事とか? 絶対に開かないでくださいよ! 私の足は、人よりもデカイのは事実付いてます。変なサイトに、行かせられますよ! サムネイルは変な所に行くから、絶対開いてはダメです。 (中略)昨日9月11日はヒルナンデスの生放送出てました。歩いて、スタジオまで行ってますし、スタジオで立ってます〉(原文ママ)

 死亡説などなんのその。森は、2024年3月からブロードウェイ・ミュージカル『カム フロム アウェイ』の舞台に立つという。

 昭和末期から、かれこれ30年以上、舞台のほか各所に引っ張りだこのモリクミ。どれだけ悪質なデマを流されても、実力と存在感が群を抜いているだけに、これからも日本のミュージカル界、ひいては芸能界で、必要とされ続けていくだろう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン