森公美子一覧

【森公美子】に関するニュースを集めたページです。

まさに“元祖ジャニーズJr.” 急逝したマーちゃんに捧ぐ
まさに“元祖ジャニーズJr.” 急逝したマーちゃんに捧ぐ
 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、ジャニーズJr.の歴史をひも解く。 * * * ジャニーズのファン用語の中に“バック担”というのがある。バック担当=アーティストのバックで踊っているジャニーズJr.を熱烈に応援しているという意味だ。 昨今、兄弟ものまね芸人のジャガーズが、そのジャニーズJr.に着目し、先輩たちのステージで華麗に踊るだけでなく、着替えを手伝ったり、サインボールを渡したり、演出により水浸しになった床をモップで拭いたりするさまを完コピ。ジャニーズのファン以外の層にも、ジャニーズJr.の存在と役割が広く知れ渡った。 現在、「シアタークリエ」(東京・千代田区)では、『ジャニーズ銀座』という演目が行われている。これは、60年代〜70年代、「ウエスタンカーニバル」で若い女性たちを熱狂させた「日劇」を有した銀座の近くで、やはり当時の若者が通い詰めた「ジャズ喫茶」をイメージして、ジャニー喜多川社長が企画したもの。メインはジャニーズJr.である。 先輩たちの背中を見ながら日々勉強し成長しているジャニーズJr.の数は、東京や関西で研修生を合わせると数百人とも1000人とも言われるほどの大所帯。Jr.がステージのメインでパフォーマンスする『ザ少年倶楽部』(BSプレミアム)に出演できるのはほんの一握りだし、名前のテロップを出してもらえるメンバーの数はさらに少ない。 そんな中、グループを結成し、ジャニー社長から名前を付けてもらっている10組のユニットが日替わりでパフォーマンスを見せているのが『ジャニーズ銀座』なのである。 当時の「ジャズ喫茶」と共通しているのは、ステージと観客の近さ。アーティストが客席まで降りてきてファンにサービスする様子も酷似している。 4月29日、「HiHi Jet」「Classmate J」から始まったステージは、5月31日、「Love-tune」で千穐楽を迎える。出演しているのは他に「Travis Japan」「天才Genius」「MADE」「Prince」「Snow Man」。「They武道」「SixTONES」ら。ジャニーズファンでない方たちにとっては初めて耳にするグループ名ばかりだと思う。 それぞれに売りや武器があり、キャリアやメンバーの個性もさまざまながら、各回に数枚あるかないかの当日券を求め1000人近くものファンが会場のシアタークリエの周りに行列を作るのは、いまや銀座の春の風物詩だ。 開催直前、名前が付いたグループもある。安井謙太郎、真田佑馬、萩谷慧悟、森田美勇人の「Love-tune」だ。楽器を手にするバンドスタイルが売りの一つだが、楽器を置いて歌ったり踊ったりするし、曲の途中でバンドになったりダンスユニットになったりするスタイルが、ひじょうに新しい。 実は、初代というべき「ジャニーズ・ジュニア」は、ジャニーズ事務所の第一号アーティスト、「ジャニーズ」のバックバンドだった。1963年のことである。ジャニー社長が“柱”の一本としてバンドに強いこだわりを持っていらっしゃるのはそのためだと思われる。 現在のように、先輩たちのバックで少年たちが踊るようになったのは、73年に結成された「ジャニーズ・ジュニア第1期生」で、彼らはフォーリーブスや郷ひろみのバックダンサーとして、テレビや舞台に立っていた。 メインのフォーリーブスや郷ひろみではなく、その後ろで踊る少年たちにはすぐにファンが付いた。初期メンバーは9人。郷ひろみのレギュラー番組で研ナオコらと共演もしていたことで人気はうなぎ登りとなるも、3人が「ジュニア・スペシャル」というユニットでフォーリーブスのバックを。残る6人が「ジャニーズ・ジュニア」で郷ひろみのバックを担当してコンサートに帯同した後、分裂。一人のメンバーが入れ替わり、板野俊雄、林正明、畠山昌久の3人で「JOHNNY‘Sジュニア・スペシャル」(以下、JJS)となり、レコードデビューを果たしている。 その中の一人、「林正明」が検索ワードで急上昇したのが5月26〜27日のこと。林さんが57歳という若さで急逝したからだ。 実は私は高校時代、その林正明さん(ニックネーム・マーちゃん)の追っかけをしていた。通学途中にジャニーズ事務所の合宿所があり、放課後、渋谷駅で合宿所やレッスン場、NHKや渋谷公会堂に出向く彼らを待ち伏せしたものである。 本当はフォーリーブスのファン。でも、コンサートでバックに付いていた長身で甘いマスクの林さんに目がいった。つまり私も元祖“バック担”だというワケだ。『ベルサイユのばら』という曲でレコードデビューを果たしたJJSには、応援グループがいくつかあり、別グループだったが、タレントで女優の大島さと子は、同時期、熱烈に応援していた仲間。 去年、大島さんと『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で共演した際、それぞれ真っ先に口にしたのは「マーちゃん」というワード。いっきに青春時代に戻り、当時の思い出話に花を咲かせた。 その後、やはりJJSファンを公言していた歌手の森公美子さんと『一周回って知らない話』(同)で共演したときも、本番前ずっと、その話で盛り上がってしまった。 あるベテラン女性アーティストの「昔の歌のほうが良かった」と言っていたファンに対し、そのアーティストが「それは曲ではなく、そのころの自分自身が好きなだけ」と言い放ったことがある。確かにアイドルにまつわる昔話は、熱狂的に応援していた“自分”も“主役”なのかもしれない。 林正明さんは、JJSの後、女性二人をまじえた(当時、ジャニーズ事務所には女性の所属タレントがいた)VIPというユニットを経て芸能界を引退。同グループの畠山さんはその後、劇団四季の舞台で活躍していたが、2003年に急逝。年長の板野さんは、田原俊彦のバック「ジャPAニーズ」のメンバーなどを経て、その後やはり事務所を離れている。 ジャニーズでは真家ひろみさんが、フォーリーブスでは青山孝史さん(孝から改名)、北公次さんが若くして亡くなっている。そして畠山さんと林さんも…。同時期に活躍したグループサウンズやアイドル的なバンドの人気メンバーも若くして亡くなられている方が少なくなく、不思議でならない。寿命とは異なる数奇な運命が関係しているのだろうか。 実は林正明さんは、亡くなる10日前、“ファンの集い”に顔を見せ、3次会まで楽しそうに参加されていたと聞く。 昨今、アイドルとファンのゆがんだ関係がニュースで取り上げられることが多いが、青春時代を共に過ごし、年齢を重ねていった多くのアイドルとファンとの絆は、固いまま、ずっと繋がっているケースのほうが多い。 林さんの通夜には、フォーリーブスの江木俊夫、おりも政夫、元祖“ちびっこジュニア”ともいうべき、リトル・ギャング(最初に組んだグループ)の曽我泰久、他事務所の所属だった「レモンパイ」の小林利男さんから花が供えられた。また、元ずうとるびの今村良樹さん、元ANKHのメンバーで、いまは映画監督の東真司さんから弔電が届けられた。 郷ひろみと共に事務所を離れたジャニーズJr.第1期生のメンバーも参列していたし、告別式にはJJSでただ一人となってしまった板野俊雄さんが山口県から駆け付けた。 もちろんファンも全国から集まった。驚くのは、その場を仕切っていたのがJJSの男性マネジャー二人だったということ。さらには、現在、ジャニーズ事務所でアーティストのチーフを担当している男性も焼香に訪れていた。“バック担”に話を戻すと、彼女たちの中には、応援していたジャニーズJr.がCDデビューをしてしまうと、また別のジャニーズJr.のファンになるという“癖”をもっている人たちがいる。その背景にあるのは、「私たちがなんとかしてあげなくちゃ」という使命感、あるいは母性なのかもしれない。 林さんが亡くなった日、Twitterには「私の“バック担”はここから」という呟きが多く見られた。 先輩アーティストのバックで懸命に踊ったり、サポートしたりしているジャニーズJr.はいま「第二次黄金期」を迎えているとも言われている。ちなみに「第一次黄金期」はタッキー&翼や嵐のメンバーがJr.だった頃だと言われる。 そんなジャニーズJr.の元祖で、当時メンバーの中でもっとも人気者だった彼は、『明星』の表紙を桜田淳子と共に飾ったこともあるほどだった。林さんは間違いなく、ジャニーズの礎を築いたジャニーズJr.だったのである。 林正明さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
2016.05.29 07:00
NEWSポストセブン
『あさイチ』でも紹介 大便を移植する治療法に注目集まる
『あさイチ』でも紹介 大便を移植する治療法に注目集まる
「人の糞便そのものを移植するという治療法も注目されています」 アナウンサーのこのひと言に、スタジオ全体にどよめきが起こった。「え~っ!」と、ゲストの森公美子(54才)は目を白黒。司会の有働由美子アナ(45才)も思わず眉間にしわをよせ、「それは嫌だなあ」とつぶやく。 今耳にしたことを理解できないのか、假屋崎省吾さん(55才)は、きょとんとして動けない。3月17日放送の『あさイチ』(NHK)で、さまざまな菌を使った最新治療を特集したときのことだ。 実は今、腸内細菌を用いた研究が目覚ましく進化しているという。『あさイチ』で糞便移植を紹介した麻布大学獣医学部教授で乳酸菌ゲノム科学、微生物学が専門の森田英利さんに話を聞いた。「人間の腸内には1000兆個もの多種多様な菌がいて、顕微鏡をのぞくと花畑のように見えることから“腸内フローラ”と呼ばれています。この腸内フローラのバランスが食生活やストレスなどによって崩れると、潰瘍性大腸炎やアレルギーやぜんそく、肥満や糖尿病などさまざまな病気を誘発することはすでに知られていました。ならば、腸内細菌のバランスを整えたら、これらの治療が進むのではないかという研究が始まったのです」 2006年に腸内フローラのバランスによって肥満になるという論文が発表されたことにより、腸内細菌の研究は、劇的な進歩を遂げる。 冒頭の糞便をまるごと移植する治療法も、そのひとつだ。「昨年、オランダのアムステルダム大学を中心とする医療チームが発表した、臨床実験の論文が話題の発端です。これは、病気の人の腸内細菌に抗生剤治療を施した後、すぐに健常な人の便を食塩水に溶き、鼻からチューブで注入して、十二指腸まで落とし込むというもの。 いってみれば腸内フローラをまるごと入れ替えるという方法です。抗生剤治療で再発する細菌性腸炎の患者30人中、80%が1回の糞便の注入によって治ったと結果が出ています。口から直接、注入すると反射で嘔吐してしまいますが、鼻からの注入はチューブを使うのでにおいは気になりません」(森田さん・以下同) とはいえ、他人の便を鼻から入れるのは、有働アナのように「それは嫌だな」と抵抗がある人も多いのではないか。「それはそうでしょうが、最近の傾向として、清潔であることや抗菌に過敏になりすぎて、腸内に必要な菌まで取り込めずにいることで、健康を害していることもあるのです。腸内細菌は自然に湧いてくるものではなく、口から入るもの。赤ちゃんが指を舐めたりするのも人間にとって必要な菌を腸管に取り込む作業なのです」※女性セブン2014年4月17日号
2014.04.07 16:00
女性セブン
森公美子のロングブレスに関するブログに美木良介が困惑する
森公美子のロングブレスに関するブログに美木良介が困惑する
 大人気となっている美木良介(55才)が考案した「ロングブレスダイエット」。2011年5月に発売された『美木良介のロングブレスダイエット』(徳間書店刊)シリーズは、2年間で累計216万部を記録する大ヒットとなっている。 その人気を支えているのがTBS系『中居正広の金曜日のスマたちへ』だ。番組内では複数の芸能人がロングブレスダイエットを体験。なかでも、森公美子(53才)は、チャレンジから8か月で体重は108.2kgから79.6kgと28.6kg減。ウエストも119cmから88cmと大変身を遂げた。 美木が森に課したルールは、1日10分のロングブレスと暴飲暴食をせず栄養を考えた食生活を送るというもの。番組では、森が「ありがとうございました。感謝しています」と美木に頭を下げる様子も放映され、ロングブレスダイエットの効果を実感するとともに、ふたりの絆の固さがうかがえた。 しかし、そんな感動的なシーンから約1か月後の5月18日、森は自身のブログにこんなことを綴ったのだ。<呼吸で痩せたらノーベル賞だよね…って話しになりました。食事制限と運動ですよ!! そんなに簡単に痩せませんから、努力、努力ですよ!!> 突如、ロングブレスダイエットの効果を否定し始めたのだ。それだけには留まらず、ロングブレス以外にも、陰では18時までに夕食を終え、炭水化物はご飯茶碗4分の1を昼にしかとらないという食事制限、さらに毎日5~10kmのウォーキングと腹筋100回も行っていたと明かした。 そして、5月18日に東京・赤坂にロングブレススタジオをオープンさせた美木についてもバッサリ!<そうだ美木さん始めたんですね(笑)スクール?お教室、凄く高いですね…私入れない、むしろ、入りませんけど…> どう読んでも、美木に恩を仇で返すかのような言葉の数々なのだ。この“告発”を、美木はどう受け止めるのか? さっそく本人を訪ねた。しかし、森のブログのことを知らなかったようで、女性セブン記者がブログの中身を読み上げると、美木は絶句。笑顔から一転、眉間にしわを寄せ、厳しい表情で、記者の言葉に耳を傾けていた。そして困惑した表情を浮かべながら、こう話した。「にわかには信じられないというか…森さんからは“美木さん、私、いろんな人から『キレイになった』『10才以上若くなった』って言われるの。本当にありがとう”って言っていただいていたので…。教室のことだって、森さんは“美木さん、教室できたら、私、絶対通うね”って言われていたんです…」 そして森がテレビには映っていなかったと綴ったロングブレス以外の努力に関しては、「森さんは“ウォーキングでやせた”と書かれていますが、それだって彼女はただ歩いていたわけではなく、『ロングブレスウォーキング』といって、ぼくがブレスを使ったウォーキング法を教えたんです。 食事制限に関しても、1回のトレーニングで消費できるカロリーには限界がありますから、しっかり食べながら、体重を落とす方法をアドバイスもさせていただきました。森さんだけじゃなく、ぼくも含め、番組スタッフも一緒になって頑張ったからやせられたんです。じゃあ、おひとりで30kg近いダイエットができますか? 本当に“どうして?”といった気持ちです…」 そう言って美木は悔しさをにじませた。美木でなくとも、突然の“裏切り”発言の理由は気になるところ。真意を確かめるため、今度は森を直撃した。すると彼女は、こんな説明を。「あのブログは変な意味じゃなくて、ただ“ロングブレスだけじゃやせませんよ”と伝えたかったんです。番組では、カットされてしまっているんですが、私はロングブレス以外にも、食事制限や腹筋をやったり、お医者さんも自分で見つけて、体を壊さないように、相談しながらやっていたんです。でも視聴者の多くが、“ロングブレスだけでやせた”と思っているみたいだから、誤解があってはいけないと思って書いたんです」 やたら“だけで”を強調する森。しかし、美木は森のブログを見て、絶句していたと伝えると…一瞬、「まずい!」といった表情を浮かべたものの、「美木さんとは確執とかはないんで」と苦笑いを浮かべながら言うと、その場から去っていった…。※女性セブン2013年6月13日号
2013.05.30 07:00
女性セブン

トピックス

結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
謝罪をする田中聖(公式YouTubeチャンネル)
田中聖容疑者、覚醒剤所持でまた逮捕 芸能人が“やめられない”根本的な問題点
NEWSポストセブン
『ぴったんこ☆カンカン』スタート時の安住アナ(時事通信フォト)
泉ピン子が語る安住紳一郎アナ「とても負けず嫌い。すごい強さを秘めている」
週刊ポスト
盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
TBS安住紳一郎アナ、恩師や先輩アナが明かす“天才的なしゃべり”“のスキル
週刊ポスト
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
日本は世界が憧れる国だと思っていたが……(イメージ)
在日経験のある外国人たちが「日本の没落」を口にし始めているという厳しい現実
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
SDGs(持続可能な開発目標)についてテレビが取り上げる機会が激増していた(イメージ、時事通信フォト)
テレビ局が一斉に発信していた「SDGs」、最近見かけなくなった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン