ライフ

元阪神・横田選手の生涯を母の視点で綴った『栄光のバックホーム』 著者の劇作家・中井由梨子さんインタビュー

中井由梨子さん/『栄光のバックホーム 横田慎太郎、永遠の背番号24』

『栄光のバックホーム 横田慎太郎、永遠の背番号24』の著者、中井由梨子さんにインタビュー

【著者インタビュー】
中井由梨子さん/『栄光のバックホーム 横田慎太郎、永遠の背番号24』/幻冬舎/1760円

【本の内容】
 中井さんは「あとがき」でこう綴る。《プロ野球選手としてだけではない、横田慎太郎という人間そのものを丸ごと表現したいと願って書いた本だ》。昨年7月18日、神戸のホスピスの部屋で息を引き取った横田慎太郎さん。享年28だった。彼を一番近くで見守り、支え、励まし続けたのが母・横田まなみさんだ。《母、横田まなみさんに筆者が成り代わり、ご本人から伺った数々のエピソードを元に、慎太郎さんの物語を綴ったノンフィクションストーリー》(端書きより)。母と息子の二人三脚に胸が熱くなる。

自分の進むべき道を行く息子を慌てて追いかけながらサポート

 昨年のプロ野球は、阪神タイガースが38年ぶりに日本一に輝いた。リーグ優勝を決めたときも日本一のときも、胴上げで、その場にいない背番号24のユニフォームが宙を舞った。昨年7月に28歳で亡くなった横田慎太郎選手のユニフォームだ。

 脳腫瘍で引退を余儀なくされても、人生をあきらめることなく、生きることの意味を語り続けた横田選手は、チームを精神的に支えた。彼の生涯を、母親の視点から描いたノンフィクション小説が『栄光のバックホーム』である。

 横田選手が生前に出した自伝(『奇跡のバックホーム』)を映画にしようというプロジェクトが立ち上がり、船橋市立船橋高校吹奏楽部で「市船ソウル」を作曲、がんのため20歳で亡くなった浅野大義さんがモデルの『20歳のソウル』を手がけた中井由梨子さんが脚本を依頼され、2021年の春ごろから取材を始めた。

「お母様は重要な登場人物のひとりで、彼女の視点で書くセリフも多くなります。第3稿まで書いたところで、もっとお母様の話を聞きたい、お母様の視点で慎太郎さんの生涯を書いてみたいという気持ちになりました」(中井さん・以下同)

 横田慎太郎は鹿児島実業高校卒業後、ドラフト2位指名で阪神に入団するが、2017年に脳腫瘍と診断される。手術は成功し、苦しい治療にも耐えて、復帰のためのリハビリに取り組んだが、視力に障害が残った。

 2019年9月に最後の公式戦出場を果たす。ボールが2つに見えるような状態だったが、8回表、守備につくと、中前安打をノーバウンドで本塁に返して走者をアウトにして「奇跡のバックホーム」と言われた。

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン