国内

桐島聡を名乗る男、酒と音楽を愛した50年の逃亡生活で守り抜いた“潜伏マニュアル”、親族は遺体受け取りを拒否

潜伏生活を続けた桐島聡容疑者

酒や音楽も楽しみながら潜伏生活を送った桐島聡容疑者。潜伏マニュアルも活用か(時事通信フォト)

「おれは桐島聡だ」余命いくばくもない末期がんの患者の口を突いて出た言葉の重みを、医師も看護師も当初は理解することができなかった。男が口にした名前が逃亡期間最長の指名手配犯であることに気づくと、病院内は大騒ぎとなった──。

 JR藤沢駅から南に歩みを進めた先、新旧の一戸建てやアパートが混在する住宅街の中で、男はひっそりと生活していた。

 6畳一間の住まいには、かつてはお気に入りのミュージシャンの「ミュージックビデオ」が並べられており、何本ものVHSテープが陳列された空間はまるで昭和の時代にタイムスリップしたかのようだったという。だが、最近は黄色のポリタンクや段ボール箱、コンビニ弁当などの空き容器が床に散乱する“汚部屋”となり、ノスタルジックな雰囲気も消えていた。生活が荒んでいく中、この部屋の主は、約50年前の罪とようやく向き合い始めていたのだろうか。

 1月25日、新左翼組織「東アジア反日武装戦線」のメンバー・桐島聡容疑者(70才)と名乗る男が、神奈川県内の病院で発見され、4日後の29日にこの世を去った。

「国内の過激派らの捜査を担当する警視庁公安部は、大慌てでした。取材対応の予定があった課長は、急に“体調が悪くなった”と取材をドタキャン。この日まで“桐島の、きの字も見えてこない”と話していた公安部としては、自分たちで捕まえられなかった気恥ずかしさがありつつも、色めきだっていた」(警察関係者)

 男が数十年間に及ぶ潜伏生活の舞台としたのは、神奈川県藤沢市内の土木会社だった。

「桐島容疑者とみられる男は内田洋という偽名を使い、約40年前から住み込みで働いていました。身元の証となる健康保険証や運転免許証は所有せず、銀行口座も開設していないようで、給料は現金で受け取っていた。

 創業40年以上のこの土木会社は家族経営で、現在は兄と妹が切り盛りしています。この2人の長兄は市内で別の建設会社を経営しており、地元では有名な建設一族です。会社の従業員や関係者も、住み込みの老人が凶悪なテロ活動に手を染めた指名手配犯とは誰も気づきませんでした」(社会部記者)

 半世紀で大きく変わったのは桐島容疑者とみられる男の容姿だ。重要指名手配犯のポスターやチラシに張り出された桐島容疑者の顔写真は肩まで伸びた髪を七三で分け、黒縁メガネに白い歯。若く快活なイメージだが、現在の容貌は変わり果てていた。

「この男性は、身長160cmほどでガリガリにやせて、体重は40kgそこそこに見えた。80代ではないかと思われるほど老け込み、とても土木会社で働いているようには見えなかったですよ。

 昨年頃から、経営者の妹さんの方が、弱々しく背中を丸め、黒い帽子をかぶったこの男性を車で送迎する様子を目にするようになりました。ちょっと悲しそうな目をしているかたなんですよね」(近隣住民)

 一方で陽気な素顔を見せることもあった。男が数年前まで月に1~2回通っていたバンドの生演奏が楽しめる飲食店では、音楽好きな一面を覗かせたという。

「作業服にジーンズ姿でふらりとやって来ることが多く、常連客から『うっちー』と呼ばれていた。若い頃に聴いていたロックやジェームス・ブラウンの音楽が好きで、バンドが演奏するとノリノリで体を揺らしていました。

 見た目より気が若く、DJイベントやバーベキューにも参加していました。年下の交際相手がいた時期もあったようですが、『女性を幸せにできないから……』と自嘲ぎみに話していたとか。ビールやウイスキーが好きで、酒を飲むと音楽に合わせて踊ることもあったといいます」(前出・社会部記者)

 元気だった男が胃がんと診断されたのは1年以上前。病魔は徐々に体を蝕み、今年初めに土木会社近くの路上に倒れこんだ。

「通りかかった近所の人らが男を抱え、自宅まで連れて行きました。男は息も絶え絶えで体に力が入らず、しゃべることもままならない状態でした。その後、通報によって救急車が駆け付けたそうです」(前出・社会部記者)

 こうして瀕死の男は鎌倉市内の病院に救急搬送されたのだった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

米東部ペンシルベニア州バトラーで、警護官に囲まれるトランプ前大統領(EPA=時事)
《トランプ前大統領銃撃事件で使用》「全米で広く出回る」AR-15ライフル、日本の暴力団が「使わない」理由
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
日本競泳界の新エースとして期待される本多灯
【パリ五輪・競泳】日本のエース・本多灯の直前練習に密着 自称“無邪気な永遠の4歳児”は「勝つ自信はあります」と凛々しい表情
週刊ポスト
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン