国内

上川陽子大臣が見習うべきテイラー・スウィフトの対応 麻生太郞氏の「おばさん」発言に「ありがたい」に落胆の声

「初の女性首相」レースに“ダークホース”が浮上した上川陽子・外相(時事通信フォト)

見習うべきはテイラー・スウィフト?(時事通信フォト)

 自民党の麻生太郎副総裁の講演会での“失言”が波紋を広げている。上川陽子外務大臣の容姿に関する発言がSNSなどで炎上しているのだ。麻生氏はその後、発言を撤回した。作家の甘糟りり子氏は、一連の騒動をどう見たか。甘糟氏が見解を綴る。

 * * *
 麻生太郎自民党副総裁の講演会での発言はニュースになった。上川陽子外相を「カミムラヨウコ」と間違えたまま、「ほお、このおばさんやるねえと思いながら」「そんなに美しい方とは言わんけれど」などといい、批判を浴びた。ふた昔前ならニュースとして扱われなかっただろうから、ほんの少しではあるけれど、ましな世の中にはなったのかもしれない。

 それにしても、名前を間違えて謝らない上に、公の場で大臣を「おばさん」と呼んだり、政治家の女性の美醜について言及したり、品のない方だ。華麗なる家系や仕立てのいいスーツなどを理由に彼を褒めそやす人がいるが、そんなことは人の品格には何も関係しないことがよくわかる。威圧的なものいいといい、つくづく下品な方である。

 彼なりに上川外相を褒めたつもりなのだろう。しかし、こうした褒め方が完全に時代遅れだということにもきっと気がついていない。気がつこうともしていない。

 それを受けて、当の上川外相は「どのような声もありがたく受け止める」と返した。これには正直なところ落胆した。こうしていなすことは彼女の処世術なのだと思う。からかいと見下しを含んだ褒め言葉に怒らないことは、「わきまえた」大人の対応と褒められたのは昭和か、せいぜい平成まで。

 外務大臣という立場でこの発言を受け流せば、海外から、日本は今でも女性はどんなに仕事で成果を出しても年齢や外見に言及される国だと見られる。そして、麻生太郎副総裁のような方々は「本人がありがたいといってんだから、別に問題ない」と思ってしまい、態度や考えを改めようとしない。

 上川外相だけではない。私の友人知人にも、男性の無自覚なからかいや見下しを受け流し、時には性的な冗談に笑顔で対応し、組織の中でキャリアアップしていった優秀な女性はたくさんいる。ホモソーシャル的ボーイズクラブにおける名誉男性的女性だ。今までのことを批判するつもりはない。そうしなければキャリアアップできなかったし、確固たる地位を築かなければ発言する場もないわけだから。

 しかし、優秀な彼女たちだけではない。私たちやその上の世代の女性が衝突を避け、我慢しながら大人の対応をしてきてしまった結果が今。副総裁が平気で大臣をおばさん呼ばわりして、「そんなに美しい方とは言わんけれど」などと言い放つ社会である。上川外相だけではない、私の友人知人にも、私にも責任がある。

 私が新卒で入った会社では、取引先に「女相手に仕事の話なんかできるか」と言われて伝票を投げつけられた。社内では挨拶がわりに身体を触られることが日常だった。社会はそういう理不尽なものだと思ってしまった。若さや未熟さをいい訳にせず、きちんと抗議をするべきだった。フリーランスになってからは、仕事の話と呼び出され、お酒を飲みながら延々相手の自慢話を聞かされて終わることはしょっちゅうだった。フリーという立場は弱いから、などといういい訳を自分にしないで、きちんと声をあげるべきだった。

 今になってそういう後悔ばかりしている。私には上川外相や輝かしい地位を築いた友人知人のようなキャリアはないけれど、こういう小さな積み重ねが積もり積もって今の日本を形成してしまったように思う。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン