スポーツ

「学歴詐称」疑惑、「怪しげな副業」情報も浮上…違法賭博の水原一平氏“ウソと流浪の経歴” 現在は「妻と一緒に姿を消した」

水原一平氏と大谷翔平(時事通信フォト)

水原一平氏(左)に「学歴」に関する疑惑や「副業」情報も浮上(時事通信フォト)

「いま、一平さんとはごく限られた人を除いて連絡がとれなくなっています。開幕戦の最中に違法賭博が明らかになって以来、自宅にも帰っておらず、奥さんと一緒に姿を消しました。現地でも、『一平に弁護士が付いているかどうかもわからない』と報じられています」(在米ジャーナリスト)

 これまで大谷翔平(29才)のよき理解者で最高のパートナーとされてきた水原一平氏(39才)が、違法賭博で作った450万ドル(約6億8000万円)の負債を返すため、大谷の銀行口座から盗んで送金したとして、球団から解雇された。当然ながら、今回の件で、その評価は一変した。

「大谷選手の活躍もあって一平さんは世界一有名な通訳と言っても過言ではないほどの知名度を得ましたが、現在アメリカでは彼の“学歴詐称”疑惑まで噴出し、素行だけでなく、経歴にも疑義が生じています」(前出・在米ジャーナリスト)

 エンゼルスに大谷とともに在籍していた2017年、MLBの公式ガイドブックには水原氏の経歴について「カリフォルニア大学リバーサイド校を卒業」と表記されていた。

「複数のメディアが大学側を取材したところ、“水原氏が在籍した記録は存在しない”との回答を得たと報じました。また、元プロ野球選手の岡島秀樹さんの通訳を担当した時期についても、間違った情報がまことしやかに広まっているのです」(前出・在米ジャーナリスト)

 そうした事態を受けて、3月23日、岡島氏が所属していたボストン・レッドソックスは「報道は誤りで水原はボストン・レッドソックスに雇われたことはなく、岡島秀樹の通訳も務めていません」と異例の声明を出す事態となった。

 幼少期に父親の仕事の都合で北海道から移住し、カリフォルニアで育った水原氏。実は、日本球界で通訳として採用されるまでの経歴は定かでない部分も多い。

「20代の頃は料理人の父親の知人のもとでバイトをしたり、カジノディーラーを養成する専門学校に通ったりしており、その後は日本酒の販売営業にも携わっていたそうです。職を転々とし“自分探し”をするような時期もあったようですが、『野球にかかわる仕事がしたい』と一念発起。2012年に北海道日本ハムファイターズの通訳に応募し、採用されました。

 外国人選手たちの通訳や生活のサポートを務め、『連絡があれば、すぐに駆けつける』と約束し実践していたので、選手だけでなく、その家族からも信頼を得ていました」(スポーツライター)

 その後は大谷と一緒に、誰もがうらやむサクセスストーリーを歩んでいたが、違法賭博に手を染め、一気に人生が暗転した。

「通訳として、ニュアンスを捉える能力は抜群でしたが、性格的にはちょっと抜けているところもあった。大谷選手の広報役も務めていましたが、取材の申請や問い合わせに反応がなく、断りの連絡すらないことに苦労していたメディア関係者も多数います」(前出・スポーツライター)

 さらに近年は、通訳以外の“副業”にも興味を示していたという。

「ペットビジネスに関連するSNSを立ち上げていたほか、ブローカーまがいの自称“経営者”と接点があったという話も聞きます。賭博の借金を返済するために、怪しい事業にも手を出そうとしていたのかもしれません」(球界関係者)

 複数の職に就いてきた彼の人生の中で最も輝かしい経歴だった「通訳」は一転、最大の黒歴史に変わった。

※女性セブン2024年4月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
爆笑問題はいまの「テレビとコンプラ」をどう見ているか
【爆笑問題が語るテレビとコンプラ】太田光「どの時代もテレビはがんじがらめ」「ダメな言葉の線引きが変わっているだけ」
週刊ポスト
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン