芸能

【全文公開】氷川きよし、“独立金3億円”の再出発「60才になってズンドコは歌いたくない」事務所と考え方にズレ 直撃には「話さないように言われてるの」

20204年5月に足を止めた氷川きよし

5月上旬、買い物帰りの氷川に声をかけると、何か言いたげに足を止めたが…

 デビュー以来、アイドル的人気を誇った演歌界のプリンスがついに決断を下した。一部では、“独立の障壁”ともいわれた大金を工面してまで、氷川きよし(46才)がこだわったのは「自分らしく」あること。約500日におよぶ休養と沈黙の背景を詳報する。

 都内の高級住宅街に、打ちっぱなしのコンクリートに囲まれた美術館のような邸宅がたたずんでいる。屋上にハーブの木が生い茂り、夏にはレモンやグレープフルーツが実をつける風雅な屋敷の主はKIINAこと氷川きよし。約1年半の休業を経て、今年4月下旬に事務所独立と歌手活動の再開を発表した“演歌界のプリンス”である。

 氷川が前所属事務所「長良プロダクション」の援助を受けて地上2階・地下2階建ての瀟洒な御殿を建てたのはいまから約10年前。当時、氷川が取得した土地には3億4496万円の抵当権が設定されていた。

「延床面積は約600平方メートル。著名な建築家が設計を手掛け、地下に最新の音響装置を備えたスタジオもある大豪邸です。登記簿上の元の債権者は前事務所で、同社が氷川さんに大金を貸したのは長年にわたる功績と同社への貢献をねぎらってのこと。2012年に不慮の事故で亡くなった先代会長の長良じゅん氏の強い意向があったともいわれています」(芸能関係者)

 2022年1月に《自分を見つめなおし、リフレッシュする時間をつくりたい》とコメントした氷川は、翌年から無期限の活動休止に入ったが、その後も前事務所のバックアップは続いた。

「当初、休業はあくまでも音楽活動の休止のみで、ほかの活動については長良プロがサポートを続けていくということでした。ところが、その後、氷川さんが表舞台に出てくることはなく、復帰の時期も未定のまま。一方で早い段階から独立の意思は固まっていたようで、氷川さんは個人事務所『KIIZNA(キズナ)』の設立に向けた準備を進めつつ、弁護士を立てた上で前事務所との話し合いを続けていました」(前出・芸能関係者)

 ネックとなったのは自宅に設定された抵当権だ。前事務所に借りた形の3億円超を返済することが退所条件のひとつだったとみられるが、仕事を休んでいる氷川にとっては簡単に用意できる額ではなかった。

「一時は自宅を売却するという噂も流れましたが、最悪の事態は免れたようです。最終的に抵当権が抹消されたのは退所2日前の3月29日。書類上はほぼ同額を銀行に借り換えたことになっているうえ、ファンクラブの移行がまだ済んでいないことからも最後まで目まぐるしいやり取りが続いていたことがうかがえます」(前出・芸能関係者)

 デビュー以来24年間所属した事務所を退所した氷川は、同社のホームページに《右も左もわからないデビュー当時からお仕事のチャンスや、ご指導を頂き、支えて頂いた、株式会社長良プロダクションの皆様には感謝の念に堪えません》と綴った。同社も《新たな挑戦を成功させることを願っております》とコメントし、双方が円満退所を強調したが、氷川には多額の“独立金”を払ってでも再出発したいという強い思いがあったのだろう。悲壮な覚悟は氷川の声明文にも表れている。

《決して生やさしい道ではございませんが、復帰を待ち続けてくださったファンの皆様、これまでお世話になった関係者の皆様のお気持ちにお応えするためにも、新しい氷川きよしの世界を披露できるように精進して参ります》

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン