スポーツ

大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響

大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)

大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)

 ドジャースの大谷翔平(29才)が、ロサンゼルス郊外の高級住宅地に785万ドル(約12億3000万円)の豪邸を購入したと地元紙が報じ話題となっている。

 大谷が購入したのは、昨年6月から売りにされていた物件で、ジム、サウナ、バスケットボールコート、プール、ミニ映画館などを備えている。ドジャースタジアムまで車で20分程度の距離で、渋滞の影響も受けにくいエリアだという。

 大谷といえば、ハワイの高級別荘を約25億円で購入しており、続けざまに豪華な邸宅を手に入れたことになる。庶民からすれば、想像できないくらいの大きな買い物だが、ネット上では、

〈庶民感覚だと、勿論夢の大豪邸なんだけど、大谷君の稼ぎならば案外安いかな?とも思える〉
〈彼の収入からすれば、かなりお得な物件だったのでは?と思います〉
〈もっと値段が高い家はたくさんあるので、大谷さんの収入からしたら堅実だなという印象です〉

 など、大谷の収入を考えれば、そこまで大きな買い物ではないとの指摘も多い。

「大谷はドジャースと10年7億ドル(約1099億円)という過去最大の契約を結びましたが、その多くは後払いで、年俸は200万ドル(約3億1400万円)。そのほかに、スポンサー契約料などで、6500万ドル(約102億円)を稼ぐ見込みで、2024年の年収は日本円にして105億円前後と言われています。そのうちの12億円で新居を購入したとなれば、たしかに堅実ということにもなるのかもしれませんね。実際に現地での報道では、大谷にしては安い物件を購入したと報じられることも多いようです」(スポーツ記者・以下同)

 ちなみに、ドジャースと同じくロサンゼルスに本拠地を置くNBAのレイカーズ所属の八村塁(26才)は、今年1月に本拠地クリプトドットコム・アリーナから車で30分程度の場所にある高級住宅地に、720万ドル(約11億円)の豪邸を購入している。八村とレイカーズとの契約が3年5100万ドル(約80億円)であることを考えると、かなりの大きな買い物となる。

「世界に目を向けると、アスリートにとって豪華な自宅は重要なステータスであり、夢を与えるという意味でも重要な存在です。だからこそ、想像を絶するような豪邸を購入するアスリートも少なくない。また、体が資本であるので、いつでもトレーニングができるように設備にしっかりをお金をかける傾向もあります。大谷選手の新居もジムやプールなどを完備していますが、今後もっと設備を充実させるべく、お金をかけていく可能性もあると思います」

関連記事

トピックス

過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
高齢者運転免許自主返納サポート協議会発足式で発表されたロゴマーク。2008年、警視庁(時事通信フォト)
免許返納はしたけれど…… 運転をやめたことで認知症の症状が出始めることも
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン